日刊サイゾー トップ > 芸能  > 元“プリンス”小越勇輝がガチ王子に

2.5次元界の元“プリンス”小越勇輝がオトナ女子の“王子様”になるまで――恋愛リアリティ『私の年下王子さま』を観て思うこと

『私の年下王子さま』公式インスタグラム(@toshishita_ouji_official)より

 Netflixの『テラスハウス』『あいのり』、Amazonプライム・ビデオの『バチェラージャパン』、Paraviの『恋んトス』など、今、動画配信サイトが制作する恋愛リアリティー番組がわんさかはびこっている。特にAbemaTVは、『オオカミくんには騙されない』『今日、好きになりました。』『恋愛ドラマな恋がしたい』『恋する 週末ホームステイ』『恋愛学部交流会 ラブ キャンパス』など、数々の番組を世に生み出し、ティーン世代から支持を集めているようだ。

 そんな中、人気番組のひとつである『私の年下王子さま Winter Lovers』に、俳優・小越勇輝(24)の参加が発表され、若手俳優ファン、舞台ファンに大きな衝撃が走った。

“おごたん”の愛称で親しまれている彼は、2010年から14年まで上演された“テニミュ”こと『ミュージカル・テニスの王子様2ndシーズン』の全公演で、主人公・越前リョーマを演じ、「舞台『弱虫ペダル』シリーズ」や「ミュージカル『刀剣乱舞』シリーズ」など、人気2.5次元(マンガやアニメ、ゲームを原作・原案とする舞台やミュージカルのこと)作品で活躍。

 近頃は活動の場を広げ、劇場版『ドルメンX』(18年)や7月期の波瑠主演ドラマ『サバイバル・ウェディング』(日本テレビ系)、先日最終回を迎えた『深夜のダメ恋図鑑』(テレビ朝日系)など、映像作品にも出演している注目の俳優だ。ちなみに、『テニミュ』では通算500回公演出演を達成し、“プリンス・オブ・テニミュ”の称号を手にした、紛れもない「王子様」でもある。

 そんなおごたんが恋愛番組に出演ということで、ファンは阿鼻叫喚、ネット上には賛否両論さまざまな声が寄せられた。当たり前だ。番組である以上、フィクションでないとは言い切れないが、今回は「小越勇輝」として恋愛するのであって、舞台や映画、ドラマで役として恋愛するのとはわけが違う。「芸の肥やしになる」「知らない一面が見れる!」と、彼女たちが手放しで喜べない気持ちもわかる。公にならないところでよろしくやってくれたほうが、ある意味健全なのかもしれない。

 テレビに出る機会も増えてきた今、これがキッカケでさらにファンが増えるかもしれない。でもその一方で、これまで彼を応援してきたファンを切り捨てる……と言うと言葉が悪いが、配信番組とはいえ、正直、今回の出演はリスクのほうが大きいことは確かだろう。

 番組出演にあたり、今月8日に更新されたブログでは、

「人として等身大で恋に挑戦することにしました。まだまだ未熟ですが、仕事も恋も頑張りますので変わらぬ応援をして頂けたら幸いです。恋愛解禁、皆さまあたたかく見守って頂けたら嬉しいです」

 とつづっていたおごたん。青春真っ只中の高校生活をすべて『テニミュ』に捧げた彼にとって、恋は“落ちるもの”でなく、“挑戦するもの”らしい。

 元プリンスは、オトナ女子の王子様になれるのだろうか……(なれなかったらそれはそれで「何だったんだ感」が残るだろう)。

 おごたんの“挑戦”が始まった、『私の年下王子さま Winter Lovers』#7 からレビューしてみたいと思う。

 

■のっけからオトナ女子を魅了

 簡単に説明をすると、この番組は、

・番組執事からの指令を実行しなければならない
・振られても何度でも告白できる
・一度も告白されない女子は強制リタイア

 という3つのルールのもと、年下男子と年の離れたオトナ女子が出遭って恋をするという内容。今年7月から9月まで全12回配信され、11月から『Winter Lovers』としてシーズン2がスタートした。

 現参加メンバーは、

◇女優で大阪生まれのサバサバ系・とっきー(32)
◇モデルでEXILE系のオーディションを受けていそうな雰囲気のそう(23)
◇同じくモデルで前回とっきーに告ってフラれたクール系・よね(22)
◇これまたモデルで最年少のザ年下男子なとっしー(19)

 の計4人。これに7話から、

◇リポーター・ジャズシンガーでワンレンストレートヘアのまあや(27)
◇グラビアアイドルでショートへアの天然女子・りん(28)
◇モデル・女優・DJで、リベンジメンバー・せりな(29)
◇男女5人組ユニット「Jump up Joy」のメンバーのたくみ(19)
 ※こちらも、ファンの心情をお察しする経歴の持ち主

 そして、“おごたん”ことゆうきが加わり、9人での番組がスタートした。

 教会での登場シーン、「付き合った人数 1人」というファンにとっては爆弾に近いテロップはスルーするとして、

「皆様と素敵な時間を、そして素敵な相手が見つかればなと思っています」

 と挨拶をしたゆうき。スタジオMCの木下優樹菜や女性メンバーたちから「かわいい!」「女の子みたい!」「本物の王子みたい!」とキャーキャー声が上がる。

 お互い自己紹介をした後、早速執事から「1泊2日の旅の中、王子は気になった女子1人に赤い糸を渡せ」と司令が。さらに、王子が女子を選び2ショットトークをすることに。

 ゆうきが第一印象で選んだのは、最年長のとっきー。「喋ってみたいなと思って」というゆうきに、とっきーもうれしそうにはにかむ。

「年の割には若く見られるんだけど、見た目と中味とギャップがすごいから……」
「お酒とか好きで、飲まなそうって言われるけどめっちゃ飲む」

 ワイン5本空けることもあるというゆうきに、酒好きなとっきーのテンションが上がる。

「今までわたしが喋ってきた王子の中で、一番大人っぽいかもしらん!」
「めっちゃしっかりしてる!」
「(自分と)似てるかもしれへん!」

 さらに、お互い美術館や絵が好きなこともわかり、意気投合する2人。

「初対面でこんなちょっとの時間でこんな話せるって変な感じ」と照れながらも、ゆうきがとっきーの核心に迫る。実は、彼女、前回気になっていたよねととしきの2人の王子に告白されたにもかかわらず、結局どちらも選ばなかった。

「実際付き合うってなると、もうちょっとしっかりしてほしいなみたいなところもあったりして。もっとこうしてよって言えたんやけど、そうするとその人じゃなくなるっていうか……」

「難しいところだよね。言い過ぎても(良くない)だし。ガマンガマンで結局耐えきれなくなるとか……」

「そうやねん! もうちょっとこうなってほしいなとか、こういうとこしっかりしてほしいなっていう気持ちが残ってるうちは付き合ったらアカンかなって」

「限られた時間でもあるし、その短い時間で……そう考えるとやっぱいろいろ難しいね」

「まだ始まったばっかりなのに、もうそこまで……(照)」

 きゅるんきゅるんなおめめでしっかりとっきーを見つめて、彼女の本心を引き出した聞き上手なゆうき。童顔で幼い見た目と、意外にもしっかりしている内面とのギャップに、とっきーもすっかりハートを掴まれたようす。

 そんなゆうきに対し、「ちょっと喋り方占い師っぽくない?」というスタジオゲスト・青山テルマのツッコミも冴えていた。


12
こんな記事も読まれています

2.5次元界の元“プリンス”小越勇輝がオトナ女子の“王子様”になるまで――恋愛リアリティ『私の年下王子さま』を観て思うことのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

韓国版「東武WS」の廃墟感

 ソウル市のお隣・富川(プチョン)市にある、...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政の実弟が激白

 事件は1981年6月11日に起きた。パリに留学中だった佐川一政は、好意を抱いて...…
写真