日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 36歳未婚男の『あいのり』レビュー
36歳未婚彼女ナシ男の『あいのり』レビュー

36歳未婚彼女ナシ男が、10年ぶりに『あいのり』を見た正直すぎる感想

『あいのり Asian Journey SEASON2』オフィシャルサイトより

 

人気恋愛ハウツーブログ「ハッピーエンドを前提として」(https://www.zentei-happy-end.com/)のウイさん(36歳未婚彼女ナシ)が、青春時代に夢中になった『あいのり』の新シリーズをウォッチ! 

 

 今、いわゆる「恋愛リアリティショー」が人気を博しています。『テラスハウス』に始まり、『バチェラー』『恋んトス』『オオカミくんには騙されない』、さらにはクロちゃんの『モンスターハウス』もあります。僕は36歳なのですが、今の30代が青春時代まっただ中だったころに夢中になった恋愛リアリティショーの元祖といえば『あいのり』でしょう。

 フジ月9ドラマから『SMAP×SMAP』を見て、『あいのり』で締める流れは、当時の僕たちにとって月曜日の大事なルーティーンでした。平均視聴率15.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、最高視聴率20.4%という、日本中の若者がピンク色のワゴンで男女7人が世界中を旅しながら恋をする様子を見守りました。2009年に地上波放送が終了し、僕たちにとって『あいのり』が過去のものとなり、ずいぶんと長い時間が流れたある日、「Netflix・FODで『あいのり Asian Journey』として再スタートした『あいのり』のレビューを書きませんか?」という依頼が。受けたはいいものの、心配しかありませんでした。僕が見ていた『あいのり』は、出演者のほとんどが年上。自分より少し年上の大人たちが繰り広げる恋愛に抱いていたワクワク感を、立派な36歳、しかもいまだ独身のおっさんになった僕が楽しめるのか?

 案の定、不安は的中します。早速シーズン1を見始めるも、「おぼこいな」という印象が拭えません。若い男女のやりとりに「え? 僕、今、何見せられてんの?」という、こちらが恥ずかしくなる展開ばかり。それどころか、ツッコミどころ満載なのです。

「いつまで女子にビットコインの話してんだよ、この男は」

「待て待て、なんだ米粒のネックレスって。何かあるだろ、ほかに」

「泣くな! 自作の歌で泣くな!」

「ハト胸って言うか、なで肩だよね」

「出会ってたった6日の人に告白するの!? なにその判断。Netflixだって1カ月無料でお試しできるのに?」

 10代の頃はあんなに夢中になっていた『あいのり』に、僕は上から目線でツッコミを入れることでしか楽しめなくなってしまったのか? でもそれは、さまざまな恋愛を経験した僕が成長した証しなのか? 『あいのり』を見ていた頃は無垢だった証しなのか? 

 しかし、ストーリーが進むにつれ、『あいのり』から目を離せなくなっている自分に気づきました。いや、相変わらずツッコミは入れるんです。もう3分に1回は「なんだそりゃ」と無責任に上から目線でツッコんでる。

 僕が夢中になった要因は主に3つ。


1234

36歳未婚彼女ナシ男が、10年ぶりに『あいのり』を見た正直すぎる感想のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

吉岡里帆『時効警察』で再評価

 今クールの連続ドラマが次々と最終回を迎えて...…
写真
インタビュー

5lack×前野健太”異色”対談

 ラッパーの5lackが、オリジナルアルバム『KESHIKI』をリリースした。前...
写真