日刊サイゾー トップ > 芸能  > 西野カナ、活動休止の“真相”は?

西野カナ「声の不調」「燃え尽き症候群」ではない! 活動休止の“真相”は……?

西野カナ公式サイトより

「トリセツ」など多くのヒット曲がある歌手・西野カナが8日、公式サイトで活動休止を発表した。西野は「2008年にデビューしてから今まで、音楽を通してたくさんの方に出会い、大好きな音楽に囲まれて、最高の20代を過ごすことができました。もうすぐ、ずっと楽しみにしていた30代。旅行が好きなので、行きたい場所もまだまだありますし、やってみたいこともたくさんあります。来月のライブを終えたら一度活動を休止して、期限を決めずに色々と挑戦したいと思っています」とコメント。2月1~3日に横浜アリーナで開催する3デイズライブをもって、無期限の休養に入る。

 一部スポーツ紙では、原因について「声の不調」や「燃え尽き症候群」と報じているが、どれもピントがズレている。音楽関係者の話。

「いまや活動休止はマイナスではない。むしろ、ファンは休養を挟んでパワーアップしたアーティストの姿に期待するのです」

 西野の所属レコード会社はソニーミュージック系列で、先輩には2017年1月に活動休止し、昨年末に復帰した「いきものがかり」がいる。

 前出音楽関係者は「西野さんの休養は精神的な部分でもなんでもなくて、マンネリ打破のために『いきものががり』の例に倣ったようです。彼女たちは昨年大みそかの『NHK紅白歌合戦』でパワフルなステージを披露し、今年4月のツアーに向けて弾みをつけました。西野さんもいずれ紅白の舞台に帰ってくるのでは? 業界では“休養商法”と呼ばれていますがね(笑)」と話す。

 ファンは心配して損したかも!?

最終更新:2019/01/10 19:30

西野カナ「声の不調」「燃え尽き症候群」ではない! 活動休止の“真相”は……?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

菅内閣は古傷が次々に暴かれる?

今週の注目記事・第1位「昼下がりのラブホ密会...…
写真
インタビュー

ラッパーPablo Blastaインタビュー

 Pablo Blastaというラッパーの名前は、DJ CHARI & DJ...
写真