日刊サイゾー トップ > 芸能  > 西野カナ「トリセツ」歌詞はアノ芸人が……

西野カナ、“ビジネスライク”な作詞法に賛否! ヒット曲「トリセツ」はあの芸人の義父を見て……

西野カナ公式ホームページより

 “女子中高生の恋愛ソングのカリスマ”として長らく人気を誇ってきた西野カナ。今年でデビュー10周年を迎え、もはや中堅の貫禄を見せる彼女が、11月25日放送の『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)に出演。作詞の方法を赤裸々に明かした。

 西野は、自身の曲の歌詞が共感を呼ぶ理由について、綿密なマーケティングリサーチを行っているからだと告白。まず、楽曲のコンセプトや設定を書いた企画書を作った後、歌詞を制作。さらにその後は取材を行い、そこでの意見を歌詞に取り込んでブラッシュアップしていっているとのことだった。

 このアーティストらしからぬビジネスライクなやり方に対し、ネット上では称賛派とがっかり派で意見が真っ二つに。称賛派は「逆に見る目変わった。正直、思いついたこと書いてるだけだと思ってたんだけど、地道な研究や努力に裏打ちされたものだったんだなぁ」「割り切ってて、脳内お花畑じゃなくてよかったよ」「万人から共感を得るための最適最短の手法 売れる物を作るプロなんだよ」といった、“売れる努力をする姿勢”を指示するという意見が続出。そして、がっかり派は「どうりで薄っぺらい歌詞だと……」「これから曲を出す度にアンケートで作った歌詞かって思われちゃうね」「アーティストなら人がどう思うかより自分の伝えたいことを詞に載せようよ」「完全にビジネスオンリーだな」と、オリジナリティのなさを問題視する意見が多かった。

 今回、西野が作詞法を公開したことについて、音楽事務所関係者はこう語る。

「西野さんが作詞にマーケティング法を取っていることは16年に放送された『SONGS』(NHK総合)でも話してますし、今さら驚くことでもありません。あの15年のヒット曲『トリセツ』だって、13年の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)でロンドンブーツ1号2号の田村淳さんが義父から“娘の取扱説明書”をもらったことが話題になり、そこからインスパイアを受けてできた曲だといわれていますからね」

 マーケティング、テレビで話題になったネタに便乗……。確かにそういった作り方をするアーティストに対し、「一流」や「才能」という言葉は似つかわしくないように感じてしまうのが一般人というもの。歌唱力には定評のある西野なので、今後はもう少し本来の“我の強さ”を出した楽曲を期待したいところだ。

最終更新:2018/12/06 09:37
こんな記事も読まれています

西野カナ、“ビジネスライク”な作詞法に賛否! ヒット曲「トリセツ」はあの芸人の義父を見て……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

くまだまさし、テレビを断る理由

「くまだまさしは、テレビのオファーを断っている」  その情報がわれわれの耳に飛び込ん...
写真