日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > ジャニーズが批判記事の抑制に奔走か

ジャニーズ事務所が「週刊女性」の取材NGを解除! ネガティブ記事の抑制に奔走か

【校正待ち】ジャニーズ事務所が「週刊女性」の取材NGを解除! ネガティブ記事の抑制に奔走かの画像1
ジャニー喜多川氏

“ジャニーズ事務所の天敵”として、忖度なしのジャニーズ関連スクープを飛ばしてきた「週刊女性」(主婦と生活社)に、異変が起きているという。あるテレビ関係者はこう話す。

「『週刊女性』といえば、ジャニーズ事務所にとっては取材NG媒体として有名でした。例えばジャニーズのタレントが出演するテレビ番組の記者会見を開くときでも、ジャニーズ側から『週刊女性』はNG指定されていて、取材させることはなかったんです。ところが、2019年からジャニーズ側が指定する“NG媒体リスト”に『週刊女性』の文字がなくなったというんです」

 なんとジャニーズが、反ジャニーズ週刊誌の急先鋒だったはずの「週刊女性」への取材NGを解除したというのだ。実際、19年1月5日発売の同誌には、元日に行われたHey! Say! JUMPの東京ドーム公演と、その翌日に行われたKing & Princeの記者会見の記事が掲載されている。出版社関係者は以下のように語る。

「たった1ページの記事ではありますが、間違いなく『週刊女性』がオフィシャルで取材した記事。『週刊女性』とジャニーズ事務所との関係が修復されたものだと思われます。現状では、会見やコンサート取材のみですが、今後はジャニーズタレントの撮り下ろしグラビアやインタビュー記事なども載ることになりそうです」

 かつてはネット上での写真掲載も完全NGだったジャニーズだが、最近では条件付きで解禁。さらには、ジャニーズJr.がYouTubeで公式チャンネルを開設するなど、メディアとの付き合い方も変化している。

「昨年の夏くらいからジャニーズは、NG指定していたいくつかの媒体に対し、関係修復に向けた話し合いをしたいとオファーしたとのことです」(同)

 では、一体どうしてジャニーズは急にNG媒体に歩み寄り始めたのだろうか?

「NG指定している媒体は、ジャニーズに対してまったく気を使うことなく、ネガティブな記事をどんどん出していきますからね。しかも、そういった記事がネットで拡散されるので、さすがに無視もできなくなってきた。ジャニーズとしてはできるだけ敵を減らして、ネガティブな情報を抑えたいという思惑があるのかもしれません」(同)

 敵対していたはずの媒体と仲直りをしなくてはならないほどに、ジャニーズの弱体化は進んでいるのだろうか? 今後のジャニーズの行く末がむしろ心配になってくる。

最終更新:2019/01/11 08:00
こんな記事も読まれています

ジャニーズ事務所が「週刊女性」の取材NGを解除! ネガティブ記事の抑制に奔走かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

ジャニーの陰を書かぬメディア

今週の注目記事・第1位「『貴景勝』ご祝儀270...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政の実弟が激白

 事件は1981年6月11日に起きた。パリに留学中だった佐川一政は、好意を抱いて...…
写真