秋山莉奈の夫に不倫発覚も……“使用済みゴム”が決定的証拠に!?

2019/01/24 23:00

「キリンプロ」公式サイトより

 潔白であるなら訴訟に踏み切るべきだろうが、どうにも分は悪そうだ。

 1月22日発売の写真誌「フラッシュ」(光文社)が、“オシリーナ”の愛称で知られる元グラドル・秋山莉奈の夫で、ボートレーサー・後藤翔之の不倫密会を報じた。相手はGカップのタレントで、2人は昨年3月のパーティーで知り合い、後藤から「彼女になってほしい」とアプローチされ、Rは相手が既婚者だと知りながら付き合うことになったという。

「記事ではRが取材に応じ、詳細を暴露しています。それによれば、遠征先で後藤はRと同じホテルに宿泊。秋山とテレビ電話した後に関係を持ったり、後藤の求めに応じて、“生”で行為に及んだこともあったそう。しかし、毎回食事が居酒屋だったり、プレゼントが安価だったことでケンカとなり、最終的に後藤がLINEをブロックして、不倫関係は終わったとのことです」(週刊誌記者)

「フラッシュ」の直撃を受けた後藤は、「男女の関係では絶対にない」と、Rの証言を完全否定しているが、親密な仲をうかがわせるLINE画面も掲載されている。そればかりか、Rは行為に使用したゴムを「掃除の方に見られるのが嫌」という理由で、持ち帰っていたようで、記者に後藤が置いていった避妊具を見せたとの記述もある。

 ベテランの芸能記者は、過去にもこれと同じようなケースがあったと述懐する。

「2001年にグラビアで人気を博して女優に転身したHと年下マネジャーとの“車内情事”を『フライデー』がスクープ。当時、Hは結婚してからわずか3年で、長女を出産したばかりだった。洗剤のCMに出演するなどママタレとして活躍していただけに、不倫行為などとは対極のイメージにあった。当時の所属事務所の社長は即座に訴訟に踏み切ると明言。しかし、この時、『フライデー』の取材スタッフは、マネジャーが近くのコンビニに捨てた使用済みゴムを動かぬ証拠としてゲットしていた。それを知ったのか、結局、訴訟沙汰にはならず、マネジャーは退社。Hも2年後に夫とひっそり離婚しています」

 Rがわざわざ使用済みの避妊具を持ち帰り、保存していたのも、後々に備えてのことだったのかもしれない!?

最終更新:2019/01/24 23:00

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む