坂口健太郎主演『イノセンス』、中途半端すぎる作りで“ただイケメンを愛でる”ドラマに……

2019/01/26 14:00

『イノセンス〜冤罪弁護士〜』公式ホームページより

 坂口健太郎主演ドラマ『イノセンス〜冤罪弁護士〜』(日本テレビ系)の第1話が1月19日に放送され、初回平均視聴率8.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録しました。

 今期は各局でリーガルドラマが放送されていますが、その中で、初回は二桁を切ってしまうというワーストスタートとなってしまいましたが、肝心のストーリーはどうだったのでしょうか?

 ではでは、早速あらすじを振り返っていきましょう!

■3年で5件……最強の冤罪弁護士!

 保駿堂法律事務所に所属する弁護士・黒川拓(坂口)は、冤罪弁護を積極的に受け、何度も冤罪判決を勝ち取っている人物。やり手弁護士ではあるが、私生活は事務所の倉庫で生活。「だらしない」と新人弁護士・和倉楓(川口春奈)に毎日注意を受けている。

 そんな彼に自宅に放火した罪で起訴された被疑者・阿蘇重雄(吉田栄作)の妻・恵美子(中島ひろ子)から依頼が舞い込む。恵美子の話では、重雄は取り調べで自白を強要されてしまい、無実の罪で起訴されたという。

 拓は冤罪を証明するために、現場や調書からヒントを見つけていき、決定的な証拠を見つける……、といったストーリーでした。

最終更新:2019/01/26 14:00

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む