日刊サイゾー トップ > 芸能  > 山本裕典、活動再開も“厳しい船出”!

山本裕典、活動再開も“厳しい船出”! 復帰批判に「叩いても時間の無駄」と反論、再び批判殺到の悪循環…………

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

山本裕典公式Instagramより

 2018年12月20日に俳優活動再開を発表した俳優の山本裕典。今月16日には動画配信サービス「LINE LIVE」で生配信を行い、本格的に芸能活動開始を宣言した。

 山本は、所属事務所とのマネージメント業務委託契約の内容に違反したとして、17年3月21日付で、当時の事務所とマネージメント契約を終了している。休業中は、信頼できる仲間に協力してもらいながら、飲食店の経営とDJ活動を行っていたことが週刊誌などで報道されていた。

 1月27日に配信された「オリコンニュース」でのインタビューでは、「経営も順調でプライベートも充実していたため『芸能界に戻る気はなかった。戻るとしても5年後や10年後とかでもいいやって思っていた』」と明かした山本。しかし、経営する店の従業員が「もう1回、裕典さんが、テレビや雑誌で人前に立つ姿を見てみたい」とポロッと発言したのをきっかけに、芸能界復帰を決意したそう。

 また、引退後にも、CMや舞台のオファーもあったが、「自信がなく何度か断っていた」とも明かした山本。だが、古くからのファンから「頑張ってください!」といったあたたかい声援を受け、新たなスタートを切る決意したという。

 山本は、「休む前までは、感謝の気持ちが薄れていたような気がします。今はどんな仕事も誠意を持って向き合っている。今ある仕事を一つひとつやっていくだけ」と心機一転、俳優の仕事へ決意を語った。

 しかしこの山本のインタビューに、ネットでは「引退したんじゃないの?」「今は良い俳優がいっぱいいるから無理でしょ」「需要あるの?」と厳しいコメントが殺到。

 これを知った山本は、27日、自身のInstagramを更新。「いうね 俺は自分のため ファンのため 家族のため これから興味もってくれる方のため 仲間のためだけにやる」と宣言。そして「俺みたいなクソみたいな人間たたいてもなんもネタになんないよ。時間の無駄」と批判やバッシングに対して反論した。


12

山本裕典、活動再開も“厳しい船出”! 復帰批判に「叩いても時間の無駄」と反論、再び批判殺到の悪循環…………のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

ビル・バーが訴える “ウォークカルチャー”の危うさ

 今回も10月10日放送された人気番組『サタ...…
写真
インタビュー

PANTA「頭脳警察」伝説

「3億円事件」の指名手配写真をジャケット画にしたデビューアルバムは発売中止、セカンド...
写真