日刊サイゾー トップ > 芸能  > 橋本環奈の写真集「マネキンみたい」

橋本環奈の“修整”写真集は「マネキンみたい」!? ファンから不満続出で……

橋本環奈写真集『NATUREL』公式Twitter(@HK2_FR)より

 1月25日に公開となった映画『十二人の死にたい子どもたち』が、観客動員ランキングで初週2位発進。興収20億円が狙える勢いだという。

 注目を浴びているのは“4番”のキャラクターを演じている橋本環奈だ。

「メインキャストが発表された際、4番は正体が伏せられており、後にそれが橋本だったことがわかりました。橋本演じる『リョウコ』は自らを“大人たちに作られた虚像”だと信じて葛藤を抱える人気女優。劇中では『作られた人間よ! 大勢の大人が時間とお金をかけて作った商品よ!』と、鬼気迫る演技を見せています」(映画ライター)

 そんな橋本は、“大人たちに作られた”もう一つの作品も注目を浴びている。ただし、こちらはいい意味ではなさそう。アイドル誌編集者が明かす。

「20歳の誕生日である2月3日に、セカンド写真集『NATUREL』(講談社)の発売が予定されています。本作は橋本自身がセルフプロデュースし、フランスのニースとパリを舞台に『自然体の笑顔』が凝縮されています」

 講談社の公式Twitterでは続々と先行カットが公開され、1月30日発売の「週刊少年マガジン」(同)ではアザ―カットも公開されているが、一部のファンからは不満の声が上がっているようだ。

「先行カットやアザ―カットが修整されすぎていて、肌はツルツルで質感がまったくない。ホクロ、シミ、シワが全て消されていてのっぺりとしているため、ネット上では『マネキンみたいな写真集なんか見たくない』『歯も白くしすぎて浮いてる』『どこが自然体?』との指摘が続出しています。昨年秋に出演した『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)では、まるでバナナマン・日村勇紀のような二重あごが話題になっていましたから、印刷の前にはかなりの修整指示が入ったのではないでしょうか」(同)

 結局、橋本が世間に見出されるきっかけとなった素人による「奇跡の一枚」が、いちばんナチュラルだったのかもしれない。

最終更新:2019/01/31 17:00
こんな記事も読まれています

橋本環奈の“修整”写真集は「マネキンみたい」!? ファンから不満続出で……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

吉本興業に干された大物芸人

 “闇営業騒動“に端を発し、”パワハラ”、”...…
写真
インタビュー

最近急増中の“こじらせ男子”とは?

最近、なんか面倒臭い男が増えているな――みたいな実感、ありませんか?  そんなモヤモヤを...…
写真