日刊サイゾー トップ > 芸能  > 橋本環奈の写真集「マネキンみたい」

橋本環奈の“修整”写真集は「マネキンみたい」!? ファンから不満続出で……

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

橋本環奈写真集『NATUREL』公式Twitter(@HK2_FR)より

 1月25日に公開となった映画『十二人の死にたい子どもたち』が、観客動員ランキングで初週2位発進。興収20億円が狙える勢いだという。

 注目を浴びているのは“4番”のキャラクターを演じている橋本環奈だ。

「メインキャストが発表された際、4番は正体が伏せられており、後にそれが橋本だったことがわかりました。橋本演じる『リョウコ』は自らを“大人たちに作られた虚像”だと信じて葛藤を抱える人気女優。劇中では『作られた人間よ! 大勢の大人が時間とお金をかけて作った商品よ!』と、鬼気迫る演技を見せています」(映画ライター)

 そんな橋本は、“大人たちに作られた”もう一つの作品も注目を浴びている。ただし、こちらはいい意味ではなさそう。アイドル誌編集者が明かす。

「20歳の誕生日である2月3日に、セカンド写真集『NATUREL』(講談社)の発売が予定されています。本作は橋本自身がセルフプロデュースし、フランスのニースとパリを舞台に『自然体の笑顔』が凝縮されています」

 講談社の公式Twitterでは続々と先行カットが公開され、1月30日発売の「週刊少年マガジン」(同)ではアザ―カットも公開されているが、一部のファンからは不満の声が上がっているようだ。

「先行カットやアザ―カットが修整されすぎていて、肌はツルツルで質感がまったくない。ホクロ、シミ、シワが全て消されていてのっぺりとしているため、ネット上では『マネキンみたいな写真集なんか見たくない』『歯も白くしすぎて浮いてる』『どこが自然体?』との指摘が続出しています。昨年秋に出演した『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)では、まるでバナナマン・日村勇紀のような二重あごが話題になっていましたから、印刷の前にはかなりの修整指示が入ったのではないでしょうか」(同)

 結局、橋本が世間に見出されるきっかけとなった素人による「奇跡の一枚」が、いちばんナチュラルだったのかもしれない。

最終更新:2019/01/31 17:00

橋本環奈の“修整”写真集は「マネキンみたい」!? ファンから不満続出で……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

『あさイチ』華丸・大吉の降板説浮上も

 お笑いコンビ、博多華丸・大吉とNHKの...…
写真
インタビュー

村西とおるが緊急エール!

 4月7日に発令された緊急事態宣言も、すべての都道府県で解除され、数カ月に及ぶパンデ...
写真