日刊サイゾー トップ > 芸能  > 松田ゆう姫は「父・優作」気質?

松田ゆう姫の“タメ口キャラ”が大不評! 実はもっとも「父・優作」気質だった?

日本テレビ系『今夜くらべてみました』公式インスタグラム(@ntv_konkura)より

 近ごろバラエティ番組に出ずっぱりの松田ゆう姫のキャラクターが不評だ。ゆう姫は俳優の松田優作を父に、女優の松田美由紀を母に持つ。さらに2人の兄も俳優の松田龍平、松田翔太であり、芸能一家のサラブレッドといえる。

 現在はミュージシャン活動と並行してモデルとしてCM出演を果たしている。しかし、誰にでもタメ口をきく態度に「生意気すぎる」「ムカつく」「礼儀がなっていない」と非難が殺到しているのだ。ゆう姫は、中学卒業後カナダとアメリカに留学しているため「バイリンガルゆえに日本の常識に合わない部分がある」といった扱いがなされているが、「これは文化の違いじゃなく親のしつけの問題」といった指摘もある。

 だが、ある意味ではゆう姫はもっとも父親である優作の気質を受け継ぐ存在であるかもしれない。

「優作は高校を中退後、弁護士を目指してアメリカへ渡っています。しかし英語の習得に挫折し帰国。アメリカへの愛憎はずっと持ち続けており遺作となった『ブラック・レイン』でハリウッド進出を果たした時には『アメリカを撃つ』思いもあったようです。さらに優作は激情家で、喧嘩早い性格でも知られています。ゆう姫も07年に兄の翔太と夕食の献立をめぐり、警察が出動する騒ぎを起こしていますから、パッションは優作気質といえるかもしれません」(芸能関係者)

 さらにゆう姫と優作には、共通の要素もある。それが音楽だ。

「優作は歌手活動を行っておりいくつかの作品をリリースしていたほか、内田裕也主宰の『ニューイヤーズロックフェスティバル』へも出場経験があります。しかし、肝心のクオリティは良く言えば『味がある』となるのでしょうが、実際のところは『下手の横好き』といったものです。大胆にも兄2人が手を出さなかった音楽活動を行う彼女はある意味ではもっとも優作らしいといえるかもしれません」(同)

 ゆう姫には早くも強力なアンチが湧いているが、その分、注目されている証拠ではあろう。父に同じく、ひたすらに我を貫くゆう姫の活躍に期待したい。
(文=平田宏利)

最終更新:2019/02/12 10:30
こんな記事も読まれています

松田ゆう姫の“タメ口キャラ”が大不評! 実はもっとも「父・優作」気質だった?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

元NHK堀潤氏が語る権力とメディア

 マスメディアには権力を監視する役割があると言われるが、果たして本当だろうか? 籾井...
写真