日刊サイゾー トップ > 芸能  > 芸能人が遭遇した“バイトテロ”

くら寿司、セブン-イレブンよりヤバい!? 芸能人が遭遇した“バイトテロ”の数々

文=平田宏利

くら寿司、セブン-イレブンよりヤバい!? 芸能人が遭遇したバイトテロの数々の画像1
左:奥菜恵、右:千原ジュニア/各公式サイトより

 アルバイト従業員による不適切な動画投稿、いわゆる“バイトテロ”が社会問題化している。企業にとっては信用問題となり、動画を投稿したアルバイト従業員への損害賠償請求も検討されている。

 現在のバイトテロ問題は飲食店における不衛生な動画投稿が中心となっているが、過去をさかのぼれば、芸能人の中にアルバイト従業員から「実害」を受けた人間も存在する。

「よく知られているところでは押尾学と奥菜恵の“ニャンニャン写真”がありますね。『BUBKA』(コアマガジン・発行元は当時)2001年7月号に、2人のものと見られる裸のベッド写真が掲載されたのです。奥菜の色白の上裸なども、はっきりと写り込んでいました。ただ記事ではあくまでも『奥■恵』表記でした。この写真は、フィルムを現像するラボのアルバイト従業員から持ち込まれたといわれていますね」(業界関係者)

 さらに配達に関わるアルバイト従業員は、期せずして芸能人の住所を知ることにもなる。当然、それは守秘義務が課せられるが、バイトの場合その意識は低いようだ。

「千原兄弟の千原ジュニアは芸人仲間を集めてパーティーを開いていたときに、出前を注文。しばらくすると、見知らぬ若者が現れて『NSC(吉本総合芸能学院)に行きたい』『芸人になりたい』とアピールを始めたといいます。聞くと、アルバイト仲間から『千原ジュニアの家に配達した』と聞き、住所を聞き出したそうです。これに怒ったジュニアは抗議をするも、店の関係者が兄・千原せいじの知り合いでもあったようで、酔っ払った状態で電話をかけてきて『俺がなんとかする』と話し始め、余計トラブルになってしまったと『人志松本のすべらない話』(フジテレビ系)で披露していましたね」(同)

 もちろん大多数のアルバイト従業員は責任感を持って働いているのだろう。だが、中には人の迷惑を顧みない人間がいるのも確かである。時としてそれは“バイトテロ”となり、芸能人がターゲットとなってしまうこともあるのだ。
(文=平田宏利)

最終更新:2019/02/17 06:00

くら寿司、セブン-イレブンよりヤバい!? 芸能人が遭遇した“バイトテロ”の数々のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

眞子さま、佳子さまの「乱」の行方

今週の注目記事・第1位「新聞・TVが報じない...…
写真
インタビュー

JAY’EDが語るLDHのクリエイティブ

 ここ数年の音楽シーンに欠かせないのが口コミ。SNSでの好リアクションがあれよあれよ...
写真