日刊サイゾー トップ > 芸能  > 新井浩文逮捕で風俗界にチン提案!?

新井浩文逮捕で、女性コラムニストが風俗界にチン提案!?「ドキドキ必至の頭脳プレイ」って……

※イメージ画像

 新井浩文容疑者が出張マッサージ嬢へ強制性交した疑いで逮捕された事件は、芸能界に衝撃を与えたが、一方で思わぬ特需に見舞われている業界もあるという。

「AVやアダルト動画の世界では、これまで“変化球”的なジャンルだった『出張マッサージモノ』の視聴頻度が急増しているといいます。施術する嬢に客がイチモツを見せつけると、困惑しながらも興奮。拒否しつつもついカラダを許してしまう……というのが定番の流れです。もしかすると、新井容疑者もこうした動画を愛好し、視聴しているうちに現実との区別がつかなくなったのかも」(AV関係者)

 新井容疑者以外にも、松坂桃李、妻夫木聡、山下智久も高級エステで“性的なサービス”を要求したと週刊誌に報じられている。こんなアブナイ橋を渡るくらいなら風俗店に行けばと思うが、“ヌキなしの店でヌク”というシチュエーションに興奮する性癖を持つ男が一定数いるということなのだろう。

 そんな中、2月12日発売の「週刊アサヒ芸能」(徳間書店)にて、風俗界に“チン提案”しているのが、コラムニストの今井舞氏だ。

「新井容疑者の事件を受け、今井氏は自身の連載ページで『正統派マッサージ風のヌキありの店』に商機アリ、と提言しています。曰く、あえて『性的サービスを要求しません』と書類にサインしてからのマッサージ開始。からの『お客様、そういうのはダメです、ダメですったら、あッ、あッ、……あ~ん』という、いかにもな風俗店ではない、ドキドキ必至の頭脳プレイ店だとか(笑)。確かに人気店になりそうな気がしてきました」(風俗ライター)

 第2の新井容疑者を生み出さないために、風俗関係者は一考してみてはどうか。

最終更新:2019/02/16 23:00
こんな記事も読まれています

新井浩文逮捕で、女性コラムニストが風俗界にチン提案!?「ドキドキ必至の頭脳プレイ」って……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

瓜田純士が見た、映画『孤狼の血』

“キング・オブ・アウトロー”こと作家の瓜田純士(38)が、森羅万象を批評する不定期連載...
写真