新井浩文逮捕で、女性コラムニストが風俗界にチン提案!?「ドキドキ必至の頭脳プレイ」って……

2019/02/16 23:00

※イメージ画像

 新井浩文容疑者が出張マッサージ嬢へ強制性交した疑いで逮捕された事件は、芸能界に衝撃を与えたが、一方で思わぬ特需に見舞われている業界もあるという。

「AVやアダルト動画の世界では、これまで“変化球”的なジャンルだった『出張マッサージモノ』の視聴頻度が急増しているといいます。施術する嬢に客がイチモツを見せつけると、困惑しながらも興奮。拒否しつつもついカラダを許してしまう……というのが定番の流れです。もしかすると、新井容疑者もこうした動画を愛好し、視聴しているうちに現実との区別がつかなくなったのかも」(AV関係者)

 新井容疑者以外にも、松坂桃李、妻夫木聡、山下智久も高級エステで“性的なサービス”を要求したと週刊誌に報じられている。こんなアブナイ橋を渡るくらいなら風俗店に行けばと思うが、“ヌキなしの店でヌク”というシチュエーションに興奮する性癖を持つ男が一定数いるということなのだろう。

 そんな中、2月12日発売の「週刊アサヒ芸能」(徳間書店)にて、風俗界に“チン提案”しているのが、コラムニストの今井舞氏だ。

「新井容疑者の事件を受け、今井氏は自身の連載ページで『正統派マッサージ風のヌキありの店』に商機アリ、と提言しています。曰く、あえて『性的サービスを要求しません』と書類にサインしてからのマッサージ開始。からの『お客様、そういうのはダメです、ダメですったら、あッ、あッ、……あ~ん』という、いかにもな風俗店ではない、ドキドキ必至の頭脳プレイ店だとか(笑)。確かに人気店になりそうな気がしてきました」(風俗ライター)

 第2の新井容疑者を生み出さないために、風俗関係者は一考してみてはどうか。

最終更新:2019/02/16 23:00

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む