日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > アイドルに怒声を放った有吉の矜持

「今ある仕事は全力でやれ、バカ!」迷えるアイドルに有吉弘行が放った怒声 広告モデル歴をいじられることを拒否したプロの矜持

有吉弘行

 現在、インド政府公認のヨガ検定に合格した片岡鶴太郎がブレーク中だ。コラムニストの故・ナンシー関は、お笑い芸人から俳優に転向した鶴太郎について、以下のような文章を綴っている。

「鶴太郎は、昔のVTRで自分の姿を見せられることを、ものすごく嫌がる。その嫌がり方は他のタレントなどが見せる『一種、甘酸っぱいこっぱずかしさに居心地の悪さを感じる』というのとはちょっと違う。本当に心底嫌そうなのだ。VTRの中の自分を憎悪しているようにさえ、私には見える。ここでナルシズムという言葉を持ち出すのは、ちょっと安直な感じがして気が引けるが、やっぱり大きな要因かもしれない」

 

■パーティグッズのパンツを頭から被ったからこそ生活できた有吉

 

 12月3日放送『ボクらの時代』(フジテレビ系)にて、アンジャッシュの渡部建、有吉弘行、カンニング竹山という座組が実現した。

 3人は、自分たちの世代のことを「仕事を心から楽しめない世代」だと定義している。

有吉 僕らの世代って、あんまり「楽しい」と思って働いてる人いないでしょう? どっか諦めもありつつ、でも「生きていくためには」って思ってる。

渡部 自分たちの好きなことを好き勝手にやってる人たちを見て、俺らはこの世界入ってきて「時代は違うよ」っていう状況にいるから。確かに、この世代で「あの仕事、すげえ楽しくてさあ!」って、まったく出ない。

 これほどに売れっ子の3人でも、そんな現状なのだ。では、売れる前はどうだったのか? 竹山は、不遇時代の有吉のエピソードを明かす。

「面白かったもんなあ。有吉が結構キツい時にさあ、『この仕事取りました!』ってパーティグッズのモデルやって」

 当時の有吉は、パーティグッズのパンツを頭から被り、ポーズを決めて写真に収まるような広告モデルの仕事にも手を伸ばしていた。

 続けて、渡部が口を開く。

「それで有吉がバーン! って売れた後に、ある番組で“過去の恥ずかしかった仕事”として、その写真が打ち合わせで出てきたわけ。『パーティグッズの写真を出しますから』って。そしたら有吉が『いや、これ、俺は全然恥ずかしくないです』と。『これがあったから今の僕があるから“恥ずかし写真”で出したくない』って言うの。カッコ良かったねえ、あれ」

 有吉にとってみると「あの仕事で生活が助かった」という思いがあり、決して恥ずべき仕事に区分されたくないプライドがあったようだ。

12
ページ上部へ戻る
トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

松本人志のルーツ

今週の注目記事・1「総力取材 尼崎~心斎橋~...…
写真
イチオシ記事

マユリカ・阪本に『ラヴィット!』震撼

 今やバラエティに引っ張りだこの人気芸人・マユリカだが、そんなマユリカの頭脳である阪本が20日、出演していた『ラヴィット!』(TBS系)でスタジオ...…
写真