日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 有吉弘行、番組を一瞬で降板の過去

有吉弘行が全局制覇の快挙! 長野ローカル番組を一瞬で降ろされていた過去

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

有吉弘行が全局制覇の快挙! 長野ローカル番組を一瞬で降ろされていた過去の画像1
太田プロダクション公式サイトより

 有吉弘行が絶好調だ。これまで単発で放送されていたNHKの『有吉のお金発見 突撃!カネオくん』がレギュラー放送化される。有吉は現在日本テレビ、TBS、テレビ朝日、テレビ東京、フジテレビの民放全局においてレギュラー番組を持っている。さらに『有吉反省会』『有吉ゼミ』(ともに日本テレビ系)、『有吉ジャポン』(TBS系)、『有吉くんの正直さんぽ』『有吉弘行のダレトク!?』(フジテレビ系)、『有吉ぃぃeeeee!そうだ!今からお前んチでゲームしない?』(テレビ東京系)といった“有吉”の名前が付く冠番組を数多く持っており、有吉自体がひとつのブランドとなっている。

 いまやバラエティ番組の帝王ともいえる有吉であるが、過去にはテレビ番組を一瞬で降板させられていた過去がある。

「長野放送で土曜日に放送されていたローカルの情報番組『YOU・遊・気分 土曜だ!ぴょん』ですね。この番組は土田晃之をメインに、太田プロダクションの芸人が多く出演していました。土田はコンビのU-turnが解散する直前で、相方の代わりに無名時代の劇団ひとりを連れていきました。しかし、ひとりが番組を降ろされ代わりに指名されたのが、仕事がなくどん底時代に突入していた有吉でした。しかし、空気を読まずに毒を吐きスタジオを凍りつかせ、わずか2カ月で降板させられています」(業界関係者)

 有吉の毒気は長野の県民性に合わなかったのだろう。代わりに入ったある芸人がブレークしている。

「俳優の平泉成のものまねで知られる末吉くんですね。当初は有吉の代わりに出演するも、ほのぼのとしたキャラクターが長野に合ったのか、番組終了後も地元のローカルタレントとして活躍し、現在は長野に家を構えるまでになりました。そのため有吉はいまだに長野と末吉くんが嫌いなようです」(同)

 今をときめく芸人にも、知られざる苦悩の時代があったのだ。
(文=平田宏利)

最終更新:2019/02/24 06:00

有吉弘行が全局制覇の快挙! 長野ローカル番組を一瞬で降ろされていた過去のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

志村けん、プライベートの素顔

 昭和のテレビ界を席巻したザ・ドリフターズの...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政の実弟が激白

 事件は1981年6月11日に起きた。パリに留学中だった佐川一政は、好意を抱いて...
写真