日刊サイゾー トップ > 芸能  > ムロツヨシ、新井保釈でどう動く!?

ムロツヨシ、新井浩文保釈で再注目!「完全無視」でも「目を見て激怒」でも、非難殺到は回避できず!?

 「ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)のヒットにあやかり、新井との友情やムロ会の話題など、中年男性同士の友情をネタに人気を獲得した傾向もありますし、ムロとしては今回の発言もそういった人情アピールのつもりだったのかもしれません。しかし男気があろうが犯罪者を擁護したとあってはスポンサーから苦情が来るのは明らかです。作品もそうですが、ムロ個人もパナソニックなど大企業のコマーシャルに多数出演していますので。ムロとしては新井などスパッと切り捨てなくてはいけないのですが、自身が作り上げた人情派のようなイメージによりそれもまたし難い。前も後ろも、どちらに進んでも茨の道が待ち構えていると言えます」(前出の芸能ライター)

 長い下積み生活を経てようやくブレイクしたムロだが、またしても前途は多難な模様。身から出た錆とは言え、なんとかこの難局を切り抜けて欲しいものだ。

最終更新:2019/03/01 22:00
12
こんな記事も読まれています

ムロツヨシ、新井浩文保釈で再注目!「完全無視」でも「目を見て激怒」でも、非難殺到は回避できず!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

瓜田純士復帰戦、衝撃の結末!

『瓜田純士に勝ったら10万円』というサイゾー協賛の格闘技イベントが4月28日、「THE ...
写真