日刊サイゾー トップ > 芸能  > 松嶋尚美、芸人も呆れる失言続き

松嶋尚美、今度は「陰気な女」モノマネに批判殺到! 先輩芸人も呆れる失言続きで、仕事減の危機……

松嶋尚美公式ブログより

 昨年12月に南青山の児童相談所建設問題について、テレビ番組『バイキング』(フジテレビ系)にて「自分だったら引っ越すかもしれない」と発言し、大炎上したことが記憶に新しいお笑い芸人・松嶋尚美(47)が、また新たな失言で炎上しているという。
 2月25日放送の『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)に出演した松嶋は、自身の嫌いな女性のタイプについて「陰気な性格の女」とキッパリ。さらに陰気な女性のパフォーマンスをはじめ、質問された際に目をキョロキョロさせながら「あんまり分かりません……」とおとなしく振る舞う真似をするなど、「陰気キャラ」をバカにしたリアクションをしてみせた。

 この松嶋の発言を受け、ネットでは「ケータイぶん投げるとこだった」「陰キャも松嶋のこと嫌いだと思うよ」「本人はサバサバしてるつもりなんだろうけど、ただ性格悪いだけだから」「爆弾発言したなって思ったけど、やっぱ批判きたんだね。聞いてて嫌な感じしたもん」「その年齢でそんなこと言ってるのか」といった声が上がっている。
「私もこの放送を観ていましたが、MCの内村光良さんが松嶋さんの話の途中で次の話に切り替えるなどの対応をしてましたね。『マズイな』と思ったんでしょう」と明かすのはテレビ局社員の男性。

 松嶋といえば、過去、数々の不適切な発言の過去があり、2010年8月4日放送の『グータンヌーボ』(フジテレビ系)では、MCだった松嶋がゲストの倉科カナを「なんかモサ(ダサいの意)ない? 垢抜け感ゼロやねんけど」と上から目線で評するなどし、大ブーイングを浴びたことも。また、15年8月6日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)では、夫であるヒサダトシヒロから「妻は悪気なく人を傷つけるんです」とエピソードを暴露されていたが、その内容は祖母を亡くして落ち込む夫に「気を落とさんといてや」という励ましのメールを送ったが、その語尾には幽霊のマークを3つ付けたというとんでもないもので、スタジオのゲストや視聴者はドン引き。当の松嶋は「ちょうどハロウィンの時期やってん!」と悪びれず爆笑していたが、MCのダウンタウン・松本人志は「これで笑ってるってのがヤバイな……」と驚いていた。


12
こんな記事も読まれています

松嶋尚美、今度は「陰気な女」モノマネに批判殺到! 先輩芸人も呆れる失言続きで、仕事減の危機……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

「パパ活」アプリ利用者の実態

 渡部篤郎主演、野島伸司脚本でドラマ化された『パパ活』(2017年)のヒット以後、「パ...
写真