“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士が音信不通に!? その意外な原因は……

キング・オブ・アウトロー瓜田純士が音信不通に!? その意外な原因は……の画像1

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士(39)の様子がおかしい。YouTubeやSNSの更新が滞りがちな上、記者がLINEのメッセージを送っても既読マークがなかなか付かないのだ。心配して電話をかけてみたところ、受話器の向こうから悲痛な声が聞こえてきた。

――もしもし、ご無沙汰しております。お元気ですか?

瓜田純士(以下、瓜田) あ、イタタタタ……。実は1カ月ほど前から、腰痛で苦しんでまして……。こうしてしゃべるだけでもちょっと痛いし、歩くのも辛いし、椅子に座ってもムズムズするから、ほぼ寝たきりの日々が続いてるんですよ。

――それは大変ですね。腰痛の原因は?

瓜田 格闘技の練習中に、腰を傷めたのがきっかけです。安静にしてれば1週間程度で治ったんでしょうけど、俺はじっとしてることができない性格だから、ネットや本で腰痛治療の情報を漁りつつ、セルフ整体みたいなのを家であれこれ試してたら、どんどん症状が悪化してしまいまして……。

――たとえば、どんなことを試したのでしょう?

瓜田 まずは、どこかのジジイがYouTubeで指導してた通り、ベッドでうつ伏せになって両手を広げ、上半身を動かさずに、腰だけを振る動作を試してみた。これ、トコズリしてるみたいで恥ずかしいんですけど、続けてくうちに痛みが和らいできたんです。が、そこで油断してジム通いを再開したら、またしても「グギッ!」とやっちゃいまして。

――あらあら……。

瓜田 前回よりも重症らしく、トコズリのポーズも効かなくなってきたから、今度は立ったまんま腰をフリフリするポーズとか、他のジジイが推奨する謎のストレッチとか、いろいろとやってみたけど、ことごとく逆効果で。先日とうとう、涙が出るほど腰が痛くなってしまいました。

――あれこれやりすぎたのが、いけなかったのでは?

瓜田 うちの嫁も、ずっとそう言ってたんですよ。「痛いってことはどこかを損傷してるんやから、回復するまでジタバタせんと安静にしてんのが一番やで」と。で、ようやく3日前から嫁の言う通り、家でおとなしく湿布して寝てたら、この1カ月で一番ラクな状態になって、今日久々に買い物に出かけることができました。嫁からは「ワケのわからんオヤジの言うことを聞くより、妻の話を最初から聞いとけばよかったんや。ウチのこと、信用してへんのか?」と詰められまくってます。

――完治するまでコルセットをつけてみたらどうでしょう?

瓜田 実は一つ持ってるんですけど、使えなくて。腰痛になった数日後、サプライズ好きの嫁から「ウエスト何センチなん?」とだけ聞かれたんです。ジャージかパンツでも買ってくれるのかと思って、「79ぐらいかな」とスリムなときのサイズを答えたら、そのサイズのコルセットをサプライズでプレゼントされまして……。案の定それ、どう頑張っても入らない。腰痛になって以来、ろくに外出も運動もせず、寝転がってチョコ食ってケツ掻いてDVDばかり見てたから、お腹がすっかり太っちゃったんですよ(笑)。

――それはまずいですね。

瓜田 まずいことがもう一つありまして。俺が弱ってる隙を狙って、飼い猫のセブンが悪さをするようになったんです。このあいだも、嫁が夜中に一瞬玄関を開けた隙に、家出しちゃった。動物を飼い慣れてる嫁は「朝になれば戻ってくる」と余裕でしたが、俺は猫の習性を知らなかったから、心配でたまらなくなると同時に、逃した嫁への苛立ちも募ってきて、夫婦間の空気までおかしなことになってきた。

――結局、セブンは見つかったのでしょうか?

瓜田 朝5時になっても戻ってこないから、腰をさすりながら外へ探しに出かけたんです。嫁も俺の不機嫌さに恐れをなして、目を擦りながらついてきて、ふたりで明け方の街をウロウロ。その間、俺は嫁への抗議の意味も込めて無言のままです。最終的にセブンは、我々の気配を察知したのか、家に戻ったら玄関の前にいたから思い切り抱きしめてやりましたよ。「よ~しよし」と言いながら。

――よかったですね。

瓜田 いや、一難去ってまた一難ですよ。今度は目の下にクマを作った嫁が、「私とセブン、どっちが大事なん? ウチがホンマに困ったときのアンタの態度がよぉわかったわ!」とか言ってヘソを曲げてしまった。腰痛になって以来、家事全般を嫁に任せっきりで、嫁も「ええよ、ええよ」と言ってくれてたのに、その一件以来、「セブンを探しに行く体力はあるくせに、洗濯もんの取り込みもでけへんねんな」などと嫌味を言うようになったんですよ。

――腰痛が原因で、夫婦仲にヒビが……。

瓜田 そういえば今日、こんな出来事がありました。腰がちょっと良くなってきたから、夫婦揃って久々にチャリで買い物に出かけたんですよ。そしたら、生意気なBMWが後ろからクラクションをしつこく鳴らしてきた。どうやら嫁のチャリが邪魔だったみたい。だとしても、そこまでしつこく鳴らさなくてもいいだろ思って、運転席を覗き込みながら「なんだコラ!」と怒鳴ったら、BMWは逃げて行きました。

――まぁ瓜田さんの顔を見たら、たいていの人は逃げるでしょう。

瓜田 その一部始終を見てた嫁が、俺に向かって笑顔でこう言ったんです。「好きやで」と。やっぱ家でゴロゴロしてる無能亭主より、表で戦ってる旦那のほうが好きみたい。ノロケみたいですいませんが、それが今日イチのうれしい出来事ですね。

 * * *

 夫婦仲も腰痛も回復傾向にある瓜田。YouTube配信などの表現活動にも、そろそろ本腰を入れてくれそうだ。
(取材・文=岡林敬太/撮影=おひよ)

※瓜田純士のYouTube好評配信中!(瓜田純士プロファイリング)
https://www.youtube.com/channel/UCv27YAy0FZ-4wwisy5zPmeg

※「“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき」の記事一覧
https://www.cyzo.com/cat8/outlaw_charisma/

最終更新:2019/03/04 16:00
こんな記事も読まれています

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士が音信不通に!? その意外な原因は……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(1)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真