日刊サイゾー トップ > 芸能  > 女芸人と仲の良い美人女優たち

北川景子、吉高由里子、佐々木希……女芸人と仲良しな美人女優3人

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

イモトアヤコ 公式インスタグラム(@imotodesse)より

 2月14日に、お笑いタレントのイモトアヤコが自身のインスタグラムを更新。女優・北川景子との2ショット写真を公開し、ネット上で「どことなくイモトが引き立て役にされているように見える」などと話題になっている。

 北川は、1月に誕生日だったイモトの少し遅れた誕生日会を開催したようす。画像には3種類のケーキと、笑顔の北川とイモトの姿が。さらにイモトのインスタには、女優・竹内結子との2ショットも。イモトはドラマへの出演などをキッカケに、美人女優たちと交流を深めているようだ。

 イモトが公開する女優との仲睦まじげなショットに、ネット上からは「お互いが利用している感……」「イモト単体で見てるとそれほどブスとも思わないけど、女優と並んじゃうとブスさが目立つね」「イモトって元々は女優目指してたから、やっぱそっち方面に行きたいんだろうか」「ライバルにならないから、女優もイモトには優しいのかな」といった声が上がっていた。

 今回は北川や竹内のように、女芸人と仲の良い美人女優たちをご紹介していこう。

 

●吉高由里子

吉高由里子 公式Twitter(@ystk_yrk)より

 女優・吉高由里子は、お笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜と仲良し。吉高はSNSで近藤との飲み会を開いたと度々報告しているが、その費用などはすべて近藤持ちと言われている。さらに近藤は“お車代”として1万円を飲み会の参加者へ渡すこともあるのだとか。

 2人の関係性にSNSなどからは、「友達に車代とか渡さないけどね、普通は」「春菜は好感度アップのために利用されてるだけなんじゃないの?」「ただの金ヅルで“ブスな女芸人と仲良くしてるアタシ”アピールでしょ」「お互い利用しあってるだけ。オシャレで美人な女優と繋がれてラッキー、引き立て役がいてラッキーみたいな」「そこまでして仲良しごっこする意味は何? 見下されてる以外ないでしょ」などの声が上がっている。

 

●佐々木希

佐々木希 公式インスタグラム(@nozomisasaki_official)より

 女優の佐々木希は、南海キャンディーズ・山崎静代と仲良し“だった”。佐々木と山崎は、以前放送されていた旅番組『週末のシンデレラ 世界! 弾丸トラベラー』(日本テレビ系)のMCで共演。佐々木はブログへ、同じくMCを務めていた中川翔子と山崎との3ショット写真をアップするなど仲睦まじげな様子を公開していた。

 佐々木が公開した3ショット写真を見た人たちからは、「佐々木希と他の2人のスタイルが雲泥の差」「佐々木希のプロポーションが抜群すぎて、周りの人が可哀そう」「女って怖えー。これは公開処刑だな」といった声が。佐々木と山崎は番組で親友になったようだが、12年に番組が終了すると2人は疎遠に。その原因は山崎がボクシングへ本格的に打ち込んだためと言われているが、ボクシングだけが原因で疎遠になったのかは明らかになっていない。

最終更新:2019/03/06 16:30

北川景子、吉高由里子、佐々木希……女芸人と仲良しな美人女優3人のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

百田尚樹の“変節”読み解く

 『永遠の0』(講談社文庫/単行本は太田出版、2006年)などで知られる小説家であり...
写真