日刊サイゾー トップ > 芸能  > 山本裕典の新事務所に謎の失踪者が…

山本裕典の新事務所がおかしい!? 謎の失踪を遂げたホリプロスカウトキャラバン優勝者が所属の怪

【校正待ち】山本裕典の新事務所がおかしい!? 謎の失踪を遂げたホリプロスカウトキャラバン優勝者が所属の怪の画像1
「Y2」公式サイトより

 2年前の2017年3月に大手芸能事務所エヴァーグリーン・エンタテイメントから「契約違反」を理由に解雇された山本裕典が、芸能活動を再開した。

「昨年、新たな芸能事務所『Y2』を設立し、そこの所属タレントとして活動を始めています。すでに、サブリース不動産やマンスリーマンションなどを扱う企業『リブマックス』のCMにも出演しています。3月からは舞台『となりのホールスター』(3月8~17日)で主演を務めるほか、映画『Revive by TOKYO24』への出演も決まっています」(芸能記者)

 そんな山本の新事務所「Y2」の公式サイトを見ると、所在地は福岡県福岡市中央区、設立は平成30年6月となっている。

「住所は福岡ですが、東京で活動する芸能事務所という形でしょう。山本のほかにも2人の所属タレントがいます」(同)

 事務所の公式サイトには、山本と並んで、歌手・女優の「若菜」、ものまねタレントの「モリタク!」のプロフィールが掲載されている。

「モリタク!は、大泉洋や中居正広のものまねをするタレント。モノマネ番組にも出ていますし、新宿のものまねパブ『キサラ』にも出演しています」(同)

 そして、気になるのが「若菜」という所属タレントだ。

「若菜は、14年のホリプロタレントスカウトキャラバングランプリ受賞者で、栞菜智世(かんなちせ)という芸名で歌手活動をしていました。ホリプロの先輩である藤原竜也主演の映画『僕だけがいない街』(16年)や、石原さとみ主演ドラマ『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)の主題歌も担当していました」(同)

 権威も歴史もあるオーディションでグランプリを獲得し、映画やドラマのタイアップまでもらい、まさにスター街道まっしぐらだったはずの栞菜。しかし、17年には、ホリプロの公式サイトからプロフィールがひっそり消え、SNSのアカウントなども削除された。

「何のインフォメーションもないまま、公式サイトから消えていたので、なんらかのトラブルに巻き込まれたのか、あるいは不祥事があったのではないかとささやかれ、当時は、まさに『謎の失踪』扱いでした。ただ、あのまま引退するかと思っていたので、まさかここで改名して山本の事務所に入るとは驚きです」(同)

 大手事務所を不可解な形で解雇となった山本の新事務所に、また別の大手事務所から謎の退社をしていた若菜が所属するという、何かを勘ぐりたくなるような展開……。山本の芸能活動はまだまだ波乱含みなのかもしれない。

最終更新:2019/03/07 08:00
こんな記事も読まれています

山本裕典の新事務所がおかしい!? 謎の失踪を遂げたホリプロスカウトキャラバン優勝者が所属の怪のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

漫画家・新井英樹が独自世界観を語る

 人気コミックの実写化はファンから深く愛されている作品ほど、そのハードルは高くなるが...
写真