日刊サイゾー トップ > 芸能  > ぼくりり、自己承認欲求の塊!

ぼくのりりっくのぼうよみ、「たなか」改名でもう復活! 自己承認欲求が強すぎてただの目立ちたがりに……

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

ぼくのりりっくぼうよみ公式Twitterより

 今年1月末でアーティスト活動を終了したミュージシャン・ぼくのりりっくのぼうよみが、3月4日に俳優のたなか(前職ぼくのりりっくのぼうよみ)として『島ぜんぶでおーきな祭 第11回沖縄国際映画祭』の概要発表会見に出席した。

 たなかは映画『誰にも会いたくない』で主人公の引きこもりが原因で妖怪ウミズに変わってしまった少年・宇水を演じている。会見当日、墨汁で「妖怪」と書かれたシャツを着て登壇したたなかは、改名について「適当に名前を決めました。今後も『たなか』が使われるか分からないです」「しばらくは無職でいようかなと思います。でも俳優業は楽しかったです」などと明かしていた。

 このニュースを受け、ネットでは「近年稀に見るハイレベルなかまってちゃんだね」「な、あっさり復活しただろ?」「『前職ぼくりり』としてるところが潔くない」「発言全部がすべってる」と厳しい声が上がっている。

 たなかといえば、自身のTwitterで行った「来年の一月をもって、”ぼくのりりっくのぼうよみ”という『天才』を辞すことに致しました。生まれガチャで引いてしまった自分の才能に押し潰されていました」という引退宣言が話題に。また活動休止前にはTwitterにて「アンチアンチって、どうしてファンを大切にしないんですか?」と話しかけてきたファン達に対し「『ファンを大切にしろ』?黙れよ説教ババア アーティストにも客選ぶ権利あるんだよ!!!」「説教したいならてめえの子どもにしろや チヤホヤされたいならホストクラブいけカス」といった暴言を吐き大炎上した過去もあるなど、何かとお騒がせなアーティストだった。これについてたなかは「ラストアルバムの『没落』を良い感じに届けるためには、『ぼくりり』が『没落』にふさわしいキャラクターにならなければいけなかった。だから支離滅裂なことを言ったり、YouTuberを1日で辞めたり、『黙れよ説教ババア』的なツイートをしたんです」とコメントしていた。

12

ぼくのりりっくのぼうよみ、「たなか」改名でもう復活! 自己承認欲求が強すぎてただの目立ちたがりに……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

中居正広”円満独立”の余波

中居クンが3月末でジャニーズ退所!新しい地図、キムタクとの関係は?
写真
人気連載

志村けん死去…大悟との寵愛関係

「ザ・ドリフターズ」のメンバーでタレントの志村け...…
写真
インタビュー

“町おこし”で地方がダメになる?

 いま日本の各地で「地方創生」が注目を浴びている。だが、まだ大きな成功例はあまり耳に...
写真