日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 1月期連ドラの視聴率がレベル低すぎ

1月期の民放連ドラ「超低レベル」の視聴率争い……2ケタ突破は3作のみか?

文=田中七男

1月期の民放連ドラ「超低レベル」の視聴率争い……2ケタ突破は3作のみか?の画像1
左:『刑事ゼロ』、右上:『家売るオンナの逆襲』、右下:『3年A組-今から皆さんは、人質です-』/各番組公式サイトより

 1月期の民放連ドラがいよいよ佳境を迎えているが、視聴率はなんとも低レベルで、平均で2ケタを超える作品が3作しか出ない可能性もありそうだ。

 北川景子主演『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系)、高畑充希主演『メゾン・ド・ポリス』(TBS系)、常盤貴子主演『グッドワイフ』(同)など、それなりに話題作があった今期だが、始まってみると、全体的に視聴率は超低調。

 2クールをまたぐ、水谷豊主演『相棒season17』(テレビ朝日系)を除き、現時点(7日放送分まで)で、平均視聴率トップは、沢村一樹主演『刑事ゼロ』(同)の11.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)なのだから、なんとも低レベル。

 これを僅差で追うのは『家売るオンナ』の11.3%、3位は菅田将暉主演『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ系)で11.1%。現状、『刑事ゼロ』『家売るオンナ』が伸び悩んでいるのに対し、『3年A組』は第5話から6週連続でアップし、10日放送の最終話では15.4%まで上げた。他のドラマの伸び悩みを鑑みれば、最終的にトップに躍り出る可能性もある。

 とはいえ、首位となるドラマの全話平均は11~12%台にとどまりそうで、前クールのトップだった、米倉涼子主演『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』(テレビ朝日系)の15.7%と比べると、なんとも低水準だ。

 そのほかに、平均で2ケタを超えているのは3作で、関ジャニ∞・錦戸亮主演『トレース~科捜研の男~』(フジテレビ系)が10.7%、杉咲花主演『ハケン占い師アタル』(テレビ朝日系)が10.6%、『メゾン・ド・ポリス』が10.4%といったところ。

 しかし、この終盤に来て、『トレース』は3週連続、『メゾン・ド・ポリス』は5週連続で1ケタ台に甘んじており、ジリ貧状態。『アタル』も第6話と直近の第8話で2ケタを割っており、完全に盛り上がりに欠けている状況だ。これらの3作は、終盤で大きく数字を落とせば、平均で1ケタに転落してしまう危機に瀕している。仮にそうなってしまうと、今期の民放連ドラで2ケタを超えるのは、『刑事ゼロ』など3作のみということになってしまう。

 今や、ドラマの視聴率は10%を突破すれば、“ヒット”といわれるような時代だが、クールのトップのドラマが11%台、2ケタ台が3作だけではさすがにさびしすぎる。ギリギリのところにいる『トレース』などの3作には、なんとか最後のがんばりを見せて、2ケタ台をキープして終えてほしいものだ。
(文=田中七男)

最終更新:2019/03/11 17:00

1月期の民放連ドラ「超低レベル」の視聴率争い……2ケタ突破は3作のみか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

『ポップスター』無垢な少女の変貌

 炎上タレントと呼ばれる人たちがいる。一般モ...…
写真
インタビュー

人口流出の自治体がみるべき現実

 いま日本各地で注目を浴びる「地方創生」。2020年からは、政府が策定する「まち・ひ...
写真