日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 巨漢女性、食事中動画で大儲け?

フェチ垂涎!? 体重160キロのおデブ女性が下着姿でジャンクフードを食べまくる姿を配信、ボロ儲け!

これ以上太ることはダイエットするのと同じくらい大変だという(ケンナさんのサイト<thickestprincess.com>より)

 人気YouTuberの中には、年収が数百万円どころか数千万円、トップクラスとなると最大では1億円以上稼ぐ人がいる。それぞれ、ゲームの実況中継をしたり、体を張ったり、創造力を発揮した動画でアクセス数を増やしているわけだが、中にはこんな方法でお金を稼いでいる人もいる。

 イギリスのタブロイド紙「デイリー・メール」によると、アメリカのボストンに住むケンナ・ブレイクさん(22)は、350ポンド(約160キロ)という巨体を生かした映像で、一部のマニアたちから絶賛されているという。

 彼女が撮っているのは、食事中の映像。下着姿や裸で、タコスやピザを食べたりしているところを撮影し、自身のサイトで有料公開しているのだ。

 その料金は、普通の映像で1分1ドル(約112円)、着衣の映像で5ドル(約560円)、ヌード映像だと10ドル(約1,120円)となっており、最低入金額は50ドルから(約5,600円)となっている。それらの金額を払ってまでしてケンナさんの映像を見ているのは、太った女性が大好きなデブフェチの人たちである。

 ケンナさんは視聴者からのリクエストにも応えており、特にカロリーの高い食べ物や、脂っこい食べ物を食べるリクエストが人気で、かつてはスイカを丸ごと食べてくれと要求されたこともあったという。

 これまでにどれくらい稼いだかは明かしていないが、フェチの視聴者たちは自分が望むものに対してはお金を惜しまないだけに、それなりの収入を得ているものと思われる。

 しかし、ケンナさんがここに至るまでは苦悩の連続だった。

 中学生の時には、太っていることを同級生たちにからかわれ、ケンナさんを嘲笑するビデオまで作られたりしたことから学校に行けなくなり、自宅学習をしていたという。

 痩せようとしたものの失敗に終わったある時、ネット上でデブフェチが集まるサイトを見つけたことから、自らもブログを開始。徐々にファンを増やしていったのだという。

「太ってることで自信をなくしていたけど、デブフェティシズムが私に自信を取り戻してくれた。私を受け入れてくれるコミュニティを見つけることができて、本当に幸せよ」(ケンナさん)

 どんな人でも自分の特性を生かして稼ぐ道はある、ということであろう。

最終更新:2019/03/13 21:00
こんな記事も読まれています

フェチ垂涎!? 体重160キロのおデブ女性が下着姿でジャンクフードを食べまくる姿を配信、ボロ儲け!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

『君の名は。』Pが語るアニメ界の課題

 国内だけで興収250億円、世界興収で3億5,800万ドルを稼ぎ出し、日本映画最大の...
写真