日刊サイゾー トップ > 芸能  > 後藤真希の謝罪文に違和感

後藤真希の浮気に様々な憶測! ブログの謝罪文が「夫に添削されてる」と話題

後藤真希公式インスタグラム(@goto_maki923)より

 3月13日、「文春オンライン」で、後藤真希が夫に浮気が露見し、泥沼裁判に突入したことが報じられた。これを受けて後藤は同日に、ブログで真相を告白。浮気の事実をはっきり認め、ファンからは「あんなに仲良しアピールしてたのに嘘だったのか……」と落胆の声が上がっている。

「文春オンライン」によると、浮気相手は元恋人の独身男性“Bさん”。後藤の夫である“Aさん”は、Bさんを相手取り330万円の損害賠償を請求しているという。同記事では後藤本人が署名した裁判の陳述書の内容も公開されており、「2人でタクシーを拾い、Bさんが宿泊していたアパホテルに遊びに行くことになり、その場でBさんと肉体関係を持ちました」との文面が。またBさんは、後藤が夫からDVを受けており、婚姻関係が破綻していたと明かしている。

 これについて後藤はブログで「一部週刊誌で報じられている通り昨年、夫とは別の男性と関係がありました。誠に申し訳ございませんでした」と謝罪。また「夫よりDVなどを受けていると報じられておりますが、当時の私自身が夫婦喧嘩を過度な表現にしてしまい、相手との軽率なやとりから誤解を招く内容となり、大変反省しております」とも説明していた。

「母親として2人の子どもをしっかりと育てており、“ママタレ”としても支持を集めてきた後藤。インスタグラムには夫とのキス写真などが投稿されており、夫婦間の関係も“ラブラブ”だと話題になっていました。しかし、元カレとの浮気が発覚し、SNSなどでは『夫とは上手くいってなかったのか』『憧れの夫婦だったのに』『もうママタレとしての道はなくなったな』との声が。また、彼女が公開した謝罪文も『模範解答過ぎて“書かされてる”感がすごい』『夫の添削が入った?』などと指摘されています。一方で、『対応が早かったのは好感が持てる』『潔くていいと思う』との意見も。そのほかごく一部ですが、『正直“ゴマキの不倫”って聞いてちょっと興奮した』という人もいるようです」(芸能ライター)

 また、今回の騒動には「以前に“浮気は許さない”って言ってたじゃん」とがっかりする人も。以前までの後藤は、まさか自分が“アパ不倫”で話題になるとは思ってもいなかったことだろう。

「2015年に彼女は、ブログで『浮気はさせませんよー』『もし、浮気したらただじゃおかない』『おねーさんがいっぱいいるお店もNGです!』と語っていました。この時は13年に矢口真里が不倫騒動を起こしていたので、『矢口にも言ってあげて!』と飛び火する事態に。そんな後藤が今回の一件で矢口の“仲間入り”を果たし、『モー娘。のOBやんちゃすぎるでしょ』などとあきれられています」(同)

 夫が起こした裁判はどのような決着を迎えるのか……。一刻も早い夫婦関係の修復を祈るばかりだ。

最終更新:2019/03/14 19:00
こんな記事も読まれています

後藤真希の浮気に様々な憶測! ブログの謝罪文が「夫に添削されてる」と話題のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

巷で話題「港区女子」の実態とは!?

ここ数年、まるでバブルのような存在感でその名を轟かせている「港区女子」。生息地は主に港区...
写真