Koki,台湾初上陸も、母・静香に完全に食われる……ショッピングではツバメの巣25万円分お買い上げ!

2019/03/18 14:00

台湾でファンやメディアの出迎えを受けるkoki,(中時時報/以下同)

 今月13日、モデルとして活躍するKoki,(16)が、母である工藤静香とともに台湾の松山空港に姿を現し、地元ファンの熱烈歓迎を受けた。

 今回の訪台は、台北市で開催中のブルガリの新作ハイジュエリーコレクション「ワイルドポップ(Wild Pop)」のPRイベントに特別ゲストとしてKoki,が招かれたことによるもの。

 しかし、より注目を集めたのは、主役であるはずのKoki,ではなく、あくまで付き添いにすぎないステージママの静香のほうであった。

 台湾にも多くファンがいる静香だが、地元メディアによると今回の訪台は1993年に台北で行われたコンサート以来26年ぶりとのこと。空港に母娘を出迎えた群衆の中には、当時のコンサートチケットを手に静香の名前を叫ぶ熱狂的ファンの姿も見られた。Koki,にとっては、母・静香に完全に食われる結果となってしまった。

 これに静香もすっかり気を良くし、ファンが差し出す色紙にサインをするなど神対応を見せた。

静香のグッズを持参し、空港へ駆けつけた往年のファン

 その後、koki,はブルガリが主催するイベント会場に、胸元が大胆に開いたセクシーな黒いドレス姿で登場。記者の質問に流暢な英語で受け答えし、「台湾では台湾スイーツなどの甘い物を食べてみたい」などと笑顔で語り、現地ファンを喜ばせた。気になる台湾での他の予定だが、2人は台湾に到着後、台北市内の人気観光地、迪化街や101台北タワーなどでショッピングを楽しむ姿が目撃されている。そこでは、美容効果が期待できるといわれている高級食材“ツバメの巣”25万円分を静香が購入したと地元メディアが報じている。

 一方、Koki,の父・木村拓哉も台湾では「男神」と呼ばれるほどのスターであり、昨年末には台湾のファッションショーにサプライズ出演をしたり、台湾観光協会のCMに出演したりと活躍中だ。Twitter上には「次は親子3人の共演が見たい」という台湾ファンからの期待の声も上がっている。

 親の七光という言葉があるが、親の輝きが強烈すぎるのも本人にとっては複雑な心境かもしれない。

(文=青山大樹)

最終更新:2019/03/18 14:00

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む