日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『いだてん』が踏んだり蹴ったり

NHK大河ドラマ『いだてん』、踏んだり蹴ったり! 視聴率低迷に加え、ピエール瀧が薬物使用で逮捕

NHK大河ドラマ『いだてん』、踏んだり蹴ったり! 視聴率低迷に加え、ピエール瀧が薬物使用で逮捕の画像1
『いだてん 〜東京オリムピック噺(ばなし)〜』公式サイトより

 NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリンムピック噺~』が、まさに踏んだり蹴ったりの状態に陥った。

 同ドラマは初回こそ、15.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)をマークしたものの、第2話で12.0%と急降下。以後、視聴率は低迷し、第6話にして、あっさり1ケタ台に陥落。2ケタに戻る気配もなく、10日放送の第10話は8.7%まで落ち込んでしまった。大河の視聴率が8%台以下に転落したのは、2012年『平清盛』(松山ケンイチ主演)第45話の7.3%以来、7期ぶりのこと。このままいけば、史上ワースト記録を更新してしまいかねない状況だ。

 そんな中、マラソンランナーの主人公・金栗四三(中村勘九郎)が履く足袋を作る職人・黒坂辛作役で出演するピエール瀧容疑者が12日、コカインを使用したとして、麻薬取締法違反の疑いで、関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕された。

 取り急ぎ、NHKでは16日オンエアの第10話の再放送で、瀧の出演シーンをカットすることを決めた。3月中は瀧の出演場面はもともとなかったが、すでに約3カ月先の分まで収録済み。瀧が演じる足袋職人の役はストーリー上、重要であるため、代役を立てて対応する見込み。とはいえ、途中でキャストが替われば、違和感が出るのは必至。

 瀧はNHKとの関係が密接で、『いだてん』のほか、過去に『龍馬伝』『軍師官兵衛』と2つの大河に出演。朝ドラにも、『おひさま』『あまちゃん』『とと姉ちゃん』と3作に出演している。これらの作品のBSプレミアムでの再放送や、オンデマンドでの販売に影響が出るのは確実で、NHKとしてはなんとも悩ましいところ。

 いずれにせよ、視聴率回復の糸口がまるで見えない『いだてん』。瀧の不祥事による降板、キャスト変更で、さらにネガティブなイメージがつくことになってしまった。
(文=田中七男)

最終更新:2019/03/19 06:00
こんな記事も読まれています

NHK大河ドラマ『いだてん』、踏んだり蹴ったり! 視聴率低迷に加え、ピエール瀧が薬物使用で逮捕のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

ラバーガール全国ツアーへ!

 キングオブコントで決勝に進出すること2回。片や俳優としても活躍し、片や脚本や監督業...
写真