日刊サイゾー トップ > 芸能  > 準ミス青学に再び失笑の嵐

準ミス青学・井口綾子の“強すぎるメンタル”に、ネットが総ツッコミ「そこじゃないから!」

井口綾子Instagramより

「ミス青山コンテスト2017」準グランプリで、タレントの井口綾子がウェブマガジン「R25」のインタビューで語った発言が話題を呼んでいる。

 井口は自身のメンタルの強さについて、青学のミスコンを挙げ、告知のためにTwitterを開設したところ、いきなり17万人ものフォロワーを獲得するも「1カ月ぐらいたったら、自分に身に覚えがないようなことを言われはじめたんです」と語り、誹謗中傷を受けた理由について、「たぶん、私が『ポッと出』だからかなと思ってました(笑)」と分析。「そういう(ただの女子大生という)身近な存在だと、なんというか…『自分が越された』『負けた』って感じてしまうのかなと」と続けた。

 井口が言う「自分に身に覚えがないようなこと」とは、くだんのミスコンの際に、架空のSNSアカウントを作って、グランプリに輝いた今井美桜さんやミスコン自体を罵倒するツイートを投稿し、自身を擁護するといった、井口の自作自演疑惑が浮上した件。この件がネット上で話題になると、井口は自身のTwitterで「アカウントが不正にログインされた可能性があります」と弁明したものの、ミスコン出場者の裏の顔が垣間見えたと、ネット掲示板などではお祭り騒ぎに。

 しかし、井口はこれにめげず、レプロエンタテイメントに所属し、現役女子大生タレントとして芸能活動を開始。「週刊プレイボーイ」(集英社)でいきなり表紙グラビアを飾ると、テレビにも続々出演。しかし、初出演となった『『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)』では、SNS上で投稿していた写真と実物が別人すぎると、再び失笑の嵐となってしまった。

 そんな中での今回の発言は、さらにアンチの心に火をつけたようで、ネット上では「綾子、それ勘違いや」「いやいや、嫉妬じゃない、馬鹿にしてるだけだよ」「あれだけ恥ずかしいことがバレて叩かれてまだこの謎の上から目線 本当にどんだけ鋼のメンタルなの笑」といったツッコミが殺到している状態だ。

「レプロは昨年、井口も所属する女子大生部門『CAMPUS ROOM』を設立するも、セント・フォースの二番煎じ感が拭えず、苦戦しています。セント・フォースの所属タレントはみなルックスもハイレベルなため、井口のような決して美人とは言いがたいルックスの女性は、よっぽどのメンタルがないと、彼女たちと戦えませんよ。事務所としても、そこを買って契約したのでは?」(業界関係者)

 中学生の頃にスカウトされたことをきっかけに芸能界に憧れるも、親の反対に遭い、「6年間夢を我慢していた」という井口。そのため、ミスコン出場をきっかけに、なんとか芸能の仕事につなげたいという並々ならぬ決意があったようで、「(ネットで)叩かれたことで(芸能活動を)やめようとは思わなかった」と語っている。

 今月、青学を卒業し、今後は芸能界一本で勝負することになる井口だが、魑魅魍魎うごめく世界では、これくらいの“鈍感力”がないと生き残れないのかも?

最終更新:2019/03/20 09:33
こんな記事も読まれています

準ミス青学・井口綾子の“強すぎるメンタル”に、ネットが総ツッコミ「そこじゃないから!」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

韓国版「東武WS」の廃墟感

 ソウル市のお隣・富川(プチョン)市にある、...…
写真
インタビュー

脚本&演出・松澤くれはが語る“舞台”

 昨年8月、『りさ子のガチ恋▽俳優沼』(▽はハートが正式表記。以下同)という斬新なタ...…
写真