日刊サイゾー トップ > 芸能  > 準ミス青山、ミスター東大生と…?

自演疑惑の青学準ミス・井口綾子、「顔が違う」と話題に! ミスター東大候補との交友発覚で活動危機!?

井口綾子公式Instagramより

「ミス青山コンテスト2017」で準グランプリに選ばれ、2018年9月に「週刊プレイボーイ」(集英社)にてグラビアデビューを果たしたタレントの井口綾子。そんな彼女が、10月24日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に「お嬢様軍団」の一員として出演した。

 さまざまな経歴や著名な親族を持つお嬢様が集まったこの日の放送で井口は、自身の父親について紹介。東京大学卒業でサロン経営しているという父親は娘に対して過保護のようで、井口が香港に海外旅行に行った際のメッセージのやりとりを公開。井口に対し、「何時に空港に着くのか?」「無事か?」といった文面から、なかなか既読しない井口に対し「自覚が足りない」などといった怒りの文面などが紹介された。厳しい父ではあるが、井口の芸能活動については応援してくれているようで、父と一緒に同番組の過去の放送を見て研究までしたそうで、仲良し親子といった様子だった。

 厳しい父を持つお嬢様育ちの井口。父とのエピソードも面白く、スタジオの爆笑をさらっており、同番組初登場ながらも世間に爪あとを残せたように思えるのだが、ネット上では失笑の嵐だったという。

「井口さんといえば、『ミス青山』の際に、架空のSNSアカウントを作って自身を褒め称えるといった自作自演疑惑が上がっており、世間での印象はもともと悪い。そのためか、今回の出演では、SNSの画像と実物の顔が『別人すぎて笑った!』ということが真っ先に話題となり、ネットは失笑の嵐。さらに、父親の過保護エピソードも『普通すぎ』『よくこれでお嬢様を名乗ったな!』といった声や、井口さんが『お父さんも応援“くださって”いて』と言葉の使い方が間違っているといった苦言も。井口さんへの批判の声しかありませんでした」(芸能記者)

 多くの女子アナを輩出してきた“準ミス青山”の肩書を持ち、タレントとして芸能活動をスタートさせた井口。しかし、今後の活動には暗雲が漂っているという。

「先日、性的暴行で逮捕、起訴された『ミスター東大コンテスト』のファイナリスト・稲井大輝被告は井口さんに自作自演疑惑が持ち上がった際、彼女のプライベートを暴露した動画を配信していた。細かいところまで詳しい内容だったため、ネット上では学生時代に親交があったと考える人が多くいるよう。世間では、犯罪者との交友は印象が悪いですからね。今後の活動に響くとみる関係者は多い」(同)

 念願かなって人気番組出演まで果たした井口だが、このまま消えていってしまうのだろうか?

最終更新:2018/10/31 09:30
こんな記事も読まれています

自演疑惑の青学準ミス・井口綾子、「顔が違う」と話題に! ミスター東大候補との交友発覚で活動危機!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

25歳素人童貞の果てなき風俗愛

 19歳で風俗初体験をして以来、7年間にわたってネットに風俗レポートをアップし続けて...
写真