袴田吉彦&柳沢敦に続き、後藤真希も……芸能人にも大人気「アパ不倫」の魅力とは?

2019/03/22 21:00

アパホテル道玄坂

「週刊文春」(3月14日発売号/文藝春秋)が報じた、元モーニング娘。の後藤真希(33)の不倫騒動。後藤は13日、自身のブログで不倫の事実を認め謝罪したが、夫は不倫相手に330万円の慰謝料を求める裁判を続行するという。この騒動をめぐっては、夫からのモラハラやDV疑惑も取り沙汰されているが、それ以上に注目を集めたのが、元国民的アイドルらしからぬ後藤の“庶民っぽさ”だ。

 裁判所に後藤が提出した陳述書には、不倫相手とアパホテルで関係を持っただけでなく、ららぽーと豊洲で映画鑑賞し、また別日にはビッグエコーでカラオケ、錦糸町のラブホテルに入ったことがつづられており、世の男性から「好感度が上がった!」といった声が多々上がっているのだ。

 アパホテルといえば、俳優・袴田吉彦の“アパ不倫”が記憶に新しい。袴田は2017年1月、グラビアアイドル・青山真麻との不倫が発覚。メンバーズカードを所有し、コツコツとポイントをためるほどのヘビーユーザーで、青山とは約10回ホテルへ行き、うち7回はアパホテルだったという。

 また、18年6月には、元日本代表のストライカーで、Jリーグ・鹿島アントラーズのコーチを務めていた柳沢敦と、女性サポーターとの不倫が発覚。このときも、場所はアパホテルだった。

「アパホテルはビジネスホテルとシティーホテルの中間的な立ち位置で、繁華街に近く、コスパがいいため、不倫カップルには使い勝手がいいホテルなんです。特に〈西麻布〉は六本木駅から20分ほど歩き、周りはコンビニくらいで人目につかないため、おすすめです。また、〈新宿御苑前〉も見つかりにくい場所に加え、大浴場があるので人気が高いんです。袴田さんの不倫騒動で、アパホテルが逢瀬の“定番”となったことは間違いないですね。もしかしたら、後藤さんのお相手も影響を受けたのかもしれません(笑)」(芸能記者)

 近年は訪日観光客の急増で成長著しいアパホテルにとって、こうも立て続けに不倫場所として報じられるのは心外だろうが、インバウンド景気が去った後は、この路線でいくのもありかも!?

最終更新:2019/03/22 21:00

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む