日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「反逆スター・萩原健一逝く」~後編~

テレビ局に“家宅捜索”撮影させるも、自身の逮捕シーンも撮られ……「反逆スター・萩原健一逝く」~後編~

萩原健一公式サイトより

(【前編】はこちら

「青春をショーケンと一緒に過ごしました。あんなかっこいい青年をあれからまだ見ていません。発想力すること、仕事への姿勢など確実に私達を変えた革命的な俳優でした。可愛くていけない魅力的生き者でした。同じ時代に生まれ、同じ時間を過ごせた偶然に、感謝。ありがと。海」(原文ママ)

 3月26日に亡くなっていたことがわかった、ショーケンこと萩原健一さん。萩原さんの代表作の一つであるドラマ『前略おふくろ様』(日本テレビ系)シリーズなどで共演した、女優・桃井かおりは、29日になって自身のInstagramを更新し、萩原さんの死を悼んだ。

「可愛くていけない魅力的生き物」

 桃井らしい独特の表現ながら、何の過不足もない、ありのままの萩原さん評といえるのではないだろうか。

 4回の逮捕歴も、そんな萩原さんのキャラクターを決定づけた。

 1回目の大麻所持、2回目の飲酒運転での接触事故については、前回に詳しいが、3回目の逮捕は04年の10月だった。自宅近くで交通事故を起こし、業務上過失致傷で現行犯逮捕されたのだ。

「罰金40万円の略式命令に終わりましたが、事故直後の様子がおかしいと、交通事故としては異例の10日間拘置。実況見分にも立ち会うこととなり、大麻での逮捕時以来の手錠姿を世間にさらすことになってしまいました」(ワイドショー関係者)

 こうした扱いに、萩原さんもガマンがならなかったのだろう。

「会見を開き、『警察の方は(薬物が出て来なくて)ガッカリしたんじゃないですか』『なぜ検察に謝らなきゃいけないの? 反省するのは被害者に対してでしょ』と、警察や検察を挑発するような発言を繰り返しました」(同)

 これによって当局の心証を著しく悪くした萩原さんは、翌05年に、今度は恐喝未遂容疑で逮捕されてしまう。前年に公開された映画『透光の樹』に主演が決まり、撮影も開始されたものの、スタッフやキャストとのいさかいが絶えず、暴言に加え暴行まで働く事態となり、クランクインから1カ月後に降板していた。

 さらに、その後、プロデューサーのO氏に対して出演ギャラの1,500万円のうち、未払の750万円にDVDの権利料などを加えた計1,050万円の支払いを要求し、その交渉の電話の中で、暴力団の存在をちらつかせてしまったのだ。

12
こんな記事も読まれています

テレビ局に“家宅捜索”撮影させるも、自身の逮捕シーンも撮られ……「反逆スター・萩原健一逝く」~後編~のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

ラグビーW杯にサッカー関係者困惑

 ラグビーW杯で日本代表の快進撃が続いている...…
写真
インタビュー

謎の集団「ケケノコ族」を直撃

 1980年代に原宿の歩行者天国で一世を風靡した「竹の子族」からインスパイアされ、...
写真