日刊サイゾー トップ > 芸能  > 新元号で早くも仕事をなしとげた人

【令和】新元号発表! 金爆、いらすとや……ネット上で早くも仕事をなしとげた人たち

文=平田宏利

ゴールデンボンバー公式Twitter(@KinbakuTw)より

 1日昼に新元号「令和」が発表された。今回は事前に発表スケジュールが告知されており、各局とも生中継で挑んだ。大ニュースが起きても、通常放送を流し続けることで知られるテレビ東京も中継を行う、これまでにない注目度となった。さらに午後には新元号に関する「仕事」を早くも成し遂げた人たちが登場している。

 人気エアーバンドの金爆ことゴールデンボンバーは、新元号発表の約1時間後に、新曲「令和」を発表。YouTubeにフルサイズのPVをアップロードしている。和服姿のメンバーが平成を振り返り、新時代の到来を祝福する内容だ。事前にある程度作りこんでいたと予想されるが、サビの部分では新元号の「令和」を唱和する場面もある。タイトルだけが新元号でほかは無関係といった曲ではなく、仕事の速さがうかがえる。音楽不況にあっても、新しい試みをやめない金爆らしい新曲といえそうだ。

「いらすとや」より

 ネットでも街角でも、もはや見ない場所はないソフトなタッチのフリー素材を提供しているサイト「いらすとや」でも、発表の数時間後には、早くも「元号を発表する人のイラスト」素材が登場した。菅義偉官房長官および安倍晋三首相をモデルとする人物の横に「令和」と書かれた色紙が用意されている。こちらも元号部分だけを差し替えて、すばやくアップロードされたものだろう。

 ネットで暗躍する転売ヤーたちも動いた。新元号発表をめぐって発行された「新聞号外」が早くも数千円の値段でネットオークションに出品されている。号外は、新聞の縮刷版には掲載されず、基本的にはその場に居合わせた人間しか入手できない。そのため、大都市の主要駅には号外目当ての人が殺到し、配布が中止される場所もあった。その分、配られる号外の絶対数が減ることになり、値段はさらに上昇しそうだ。

 こうして見ると平成の間に発達したものはネットワークであり、情報伝達の速度をいちじるしく早めたと言えるだろう。便利になった分、急ぎすぎている印象も受けなくはない。これからの時代は余裕のある生き方をしたいものだ。
(文=平田宏利)

最終更新:2019/04/01 16:05

【令和】新元号発表! 金爆、いらすとや……ネット上で早くも仕事をなしとげた人たちのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅首相NHK“事実上国営放送化”でメディア掌握か

 今週の注目記事・第1位「GoToズサン運営...…
写真
インタビュー

からし蓮根がたどり着いた熊本弁漫才

2画面左からボケの伊織とツッコミの杉本青空(撮影=荒熊流星)  ついに明日、今年のNo....
写真