日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 週刊誌スクープ大賞  > 佳子さまに母・紀子さまイライラ募る
週刊誌スクープ大賞

佳子さまのHIPHOPダンスは「皇族にふさわしくない」? 母・紀子さまのイライラ募る……

文=元木昌彦

佳子さまのHIPHOPダンスは「皇族にふさわしくない」? 母・紀子さまのイライラ募る……の画像1
「週刊文春」(4/11号、文藝春秋)

今週の注目記事・第1位
「安倍政権VS.平成皇室『令和』暗闘ドキュメント」(「週刊文春」4/11号)
「新元号報じられない20の謎」(「週刊新潮」4/11号)

同・第2位
「飯田HD<婿社長>『二人の愛人』写真」(「週刊文春」4/11号)

同・第3位
「長谷工(建設現場所長)が新築マンションに盗撮カメラを設置していた」(「フライデー」4/19号)

同・第4位
「漫画『コブラ』巨匠が逃れられない在宅ケアの性-要介護4でも一夫多妻生活」(「週刊新潮」4/11号)

同・第5位
「佳子さま紀子さま、ダンスで「母娘断絶」」(「週刊文春」4/11号)

同・第6位
「日産自動車『社外取締役』『指名委員会』ちゃんちゃらおかしい」(「週刊現代」4/20号)

同・第7位
「強姦新人社員を生んだ住友商事リクルーター制度」(「フライデー」4/19号)

同・第8位
「星稜林監督が小誌に怒りの激白『習志野は20回サインを盗んだ』」(「週刊文春」4/11号)
「『星稜VS.習志野』サイン盗みに蓋をする粉飾『高野連』」(「週刊新潮」4/11号)

同・第9位
「ウォール街を動揺させる逆イールドの不吉度」(「ニューズウイーク日本版」4/9号)

同・第10位
「『菅義偉内閣』の“閣僚名簿”が出回っている!」(「週刊ポスト」4/19号)

同・第11位
「『雅子皇后シフト』を急ぐ宮内庁「オク」の内幕」(「週刊ポスト」4/19号)

同・第12位
「88歳イーストウッドのバランス感覚」(「AERA」4/15号)

同・第13位
「簡単な手続きで『戻ってくる』『もらえる』お金」(「週刊現代」4/20号)

【巻末付録】現代とポストのSEXYグラビアの勝者はどっちだ!

 早速いこう。現代とポストの差は、今週の巻頭特集を見れば明らかだ。

 ポストは、「税理士も社労士もプロはみんな『年金繰り上げ』が常識」。年金は繰り上げてもらえという主張は以前からやっている。ミミタコというのはこのことだろう。

 まだ現代の、4月から始まった新制度で「戻ってくる」「もらえる」お金の特集の方が、ちょっと読んでみようかなという気にさせる。

 だが、現代のほうも、リフォームしたら最大30万円相当の「次世代住宅ポイント制度」が6月から始まる。耐震リフォームすると費用の10%、最大25万円を所得から控除される。家を新築する、リフォームすると最大35万ポイントをもらえて、健康関連商品などに交換できる。

 長年使っていない空き家を解体したいときは、費用の一部を自治体が負担してくれるなど、これまで何度もやってきた繰り返しである。

 だが、こういうものは相続問題と同じで、今週の記事を切ってスクラップしておけば、何かの時に役に立つかもしれない。

 何度もいうが、私の家は築50年を超え、震度5強の地震にも耐えられないかもしれない。

 解体して、どこかへ引っ越そうと思うが、その費用がない。どこぞで、この費用の半額でも出してくれるところはないものか。

 こうした悩みを抱えているのは、私だけではないはずだ。現代さん、お願い!

 クリント・イーストウッドの最新作『運び屋』を少し前に見た。麻薬カルテルの連中から預かったブツをおんぼろトラックで届ける90歳の老人を演じている。

 実年齢は88歳だから、映画の主人公と似通った年だが、実物は未だにカッコよく、背筋がピンとしている。

 だが、主人公のアールは、かなりくたびれていて、歩き方もぎこちない。これを演技力というのだろう。

 コミカルで笑わせるのだが、10年前の『グラン・トリノ』のような、弱者をいたぶる卑劣な若者への怒りというものは、強烈には出てこない。

 AERAによれば、イーストウッドの演じている老人は、トランプ大統領を支持している「忘れられた人々」を描くものでもあるという。

 そういわれれば、そうと思えないことはないが、映画を見る限り、そうした人々を彼がどう思っているのか、明確には伝わって来ない。

 イーストウッドには、高倉健でできなかった、老いたマフィアの一匹狼が追い詰められて、最後の戦に出て、壮絶な死を遂げるような映画を撮ってもらいたいと思うのだが。

 さて、平成もあとわずかになってきた。皇太子が令和時代の天皇になる日が刻々と近づいて来ているが、メディアが心配しているのは、雅子新皇后の体調である。

 そうしたことを含めて、雅子妃が皇后になる時のために、日常のお世話をする「オク」といわれる侍従長を誰にするかで、いろいろな憶測が飛び交っていると、ポストが報じている。

 現在の東宮大夫として仕えている小野田展丈氏がそのまま昇格するといわれているが、彼は現在71歳だから、11月の大嘗祭などの即位に伴う儀式が一段落したところで、退任になるのではと見ている。

 その後任としてささやかれているのが、佐々江賢一郎元駐米大使だという。彼は雅子妃が外務省に勤務している時の直属の上司で、雅子さんが皇太子妃に内定した時、「重要な力が剥ぎ取られる思い」といって、彼女がいなくなるのを惜しんだ人でもある。

 彼を据えることで、雅子皇后には、得意の語学力を生かして、皇室外交の主役を務めてもらおうという狙いがあるというのである。

 どちらにしても、雅子妃にかつてのような生き生きとした表情が戻ることを祈りたい。

1234

佳子さまのHIPHOPダンスは「皇族にふさわしくない」? 母・紀子さまのイライラ募る……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

異色の警察小説大賞の著者に聞く

 新人警官が仮配置された派出所は、警邏(けいら)にも出ない、呼集にも応じない、すべて...
写真