日刊サイゾー トップ > 芸能  > カトパンを降板させられない裏事情

“カトパン”加藤綾子アナ起用の報道番組が大爆死! それでも降板させられない裏事情

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

カトパン加藤綾子アナ起用の報道番組が大爆死! それでも降板させられない裏事情の画像1
『Live News it!』番組公式インスタグラム (@livenews_it)より

 元フジテレビの“カトパン”ことフリーアナウンサーの加藤綾子への風当たりが強くなっている。4月1日から古巣フジテレビの夕方の報道番組『Live News it!』のメーンキャスターに就任したが、低空飛行を続けているのだ。

 フジは夕方のニュース番組の強化が急務。そこで抜擢されたのが同局の元エースアナの加藤綾子だったが……。

「前身の『プライムニュース イブニング』の1カ月平均視聴率は4.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)でしたが、4月1日の初回放送は4.6%と、わずかに上回っただけ。案外な結果に終わりました」(テレビ関係者)

 同日の他局の夕方のニュース番組は、日本テレビが13.2%、テレビ朝日が8.2%、TBSが7%なのだから、フジは民放で最下位だったことになる。スポーツ紙記者は「やはり彼女は報道よりもバラエティのイメージ。これだったら、高額なギャラを払って外部から呼ぶよりも自前の局アナでよかったということになる」と話す。

 カトパンのギャラは年間契約で2億円以上とされる。一部ではスピード降板も報じられたが、同局関係者によると「辞めさせたくても辞めさせられない」のだとか。

 その理由について、フジ関係者は「三顧の礼の末起用にこぎ着けた経緯があるので、すぐに降板させることはできない。カトパンの事務所スタッフからも『1年で結果は求めないでほしい』とクギを刺されているそうです。どうやら“2020年までカトパン”という密約があるみたいです」と話す。

 局内では貴乃花光司氏と離婚したOGの河野景子さんをコメンテーター的な役割で起用すべきといった意見も上がったそうだが、これについては「カトパンがNO。河野さんに“持って行かれる”と考えたのでしょう」(同)という。フジはあり地獄にハマってしまったようだ。

最終更新:2019/04/15 23:00

“カトパン”加藤綾子アナ起用の報道番組が大爆死! それでも降板させられない裏事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

菅政権がおかしいーーついに五輪組織委警備最高責任者が爆弾証言

今週の注目記事・第1位「『五輪、無理だ』警備...…
写真
インタビュー

瞑想ブームに見る仏教と科学の関係史

 「マインドフルネスをビジネスに活かす」「瞑想で健康になる」といった言葉が当然に...
写真