日刊サイゾー トップ > 芸能  > 性別限定ライブは時代に逆行?

UVERworld“男限定”ライブで女性応募者を自動的に落選! 「性別限定ライブ」は時流に合ってない!?

そもそも性別限定ライブはいいの?

 そもそも性別限定ライブというのも、時流に合っていないのではないかとの声もあるようだ。

「こういう性別限定ライブは、過去にも多くのアーティストが開催してきました。しかし、15年にはアイドルグループのももいろクローバーZが福岡県で行った男祭りで、地元の女性団体をはじめとした多くの団体など抗議を受けたり、弁護士が憲法違反を指摘するなどの問題に発展し、話題を呼びました。結局、ライブ自体は滞りなく行われましたが、今回もこういうセンシティブな部分に踏み込んでくる可能性もありますし、リスクは年々高くなっていくんじゃないでしょうか」(同)

 果たして、今回の件は単なる運営の不手際なのか、女性差別なのか……。今後のUVERworldの活動に、この一件が影響を与えないことを祈るばかりである。

 

最終更新:2019/04/16 11:00
12
こんな記事も読まれています
関連キーワード

UVERworld“男限定”ライブで女性応募者を自動的に落選! 「性別限定ライブ」は時流に合ってない!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

立川志らく、落語界からは大酷評

 秋の番組改編で、低視聴率が続く朝の情報番組...…
写真
インタビュー

Twitterでチケット転売はアリ?ナシ?

 6月に施行される「チケット転売規制法」を、弁護士法人ALG&Associates山...
写真