日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 峯岸みなみハグよりヤバイ“つながり”

AKB48・峯岸みなみ、イケメン俳優との路上ハグよりヤバイ2人の男との“つながり”

AKB48・峯岸みなみ、イケメン俳優との路上ハグよりヤバイ2人の男とのつながりの画像1
峯岸みなみ

 次にやらかしたら「坊主」じゃ済まない?

 4月18日発売の「女性セブン」(小学館)が、AKB48・峯岸みなみの“ビッチな夜”を報じている。

「峯岸は舞台で共演中の細貝圭と公演後にハグしている姿を激撮されています。15分ほど身を寄せ合ったあと、細貝と別れた峯岸はその足で六本木に向かい、今度は別のイケメン男性2人組と合流し、飲食店が軒を連ねる雑居ビルに入っていったといいます。さらに、その1週間後の深夜には、クラブのVIPルームで開かれていた巨人の原辰徳監督の息子の誕生パーティーに、体のラインが見えるセクシーな衣装で参加。隣には、2月に1億8,000万円を脱税した疑いで逮捕された“青汁王子”こと三崎優太被告もいたとのことです」(週刊誌記者)

 峯岸は合コン好きとして知られ、2013年に“お泊まり愛”を「週刊文春」(文藝春秋)にスクープされ、自ら頭を丸刈りで反省の意を示した。今回も「このような自覚ない行動をしたことを心から反省しています」とSNSで謝罪したが、教訓は生かされなかったようだ。

「細貝とのハグよりも、原監督の息子や青汁王子と“つながっている”ことのほうが問題視されるかもしれません。原監督の息子といえば、昨年『週刊アサヒ芸能』(徳間書店)にて違法薬物捜査でガサ入れされたことが報じられており、原監督もそれを認めています。その時は“シロ”でしたが、彼の人脈は“かなりヤバイ”と、もっぱらのウワサです。また現在、裁判を待つ身である三崎被告ですが、昨年10月に出演したテレビ番組では『峯岸みなみさんと付き合いたい』と猛アピールしており、峯岸がそんな人物と実際に会っていたことで、ネット上では『すでに親しい仲になっているのでは』『尻軽なイメージ』『ビッチ感がハンパない』といったコメントが飛び交っています。今後、イメージダウンは免れないでしょう」(アイドル誌編集者)

 AKB48では最後の1期生である峯岸だが、グループに迷惑をかけるのなら、もう引退してはどうか。

最終更新:2019/04/23 06:00
こんな記事も読まれています

AKB48・峯岸みなみ、イケメン俳優との路上ハグよりヤバイ2人の男との“つながり”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

炎上弁護士が語る「殺害予告」の真実

 日本人最多とされる殺害予告を受け、6年以上に渡って誹謗中傷を受け続ける「炎上弁護士」...
写真