エイベックス株も暴落! AAA・浦田直也が小出恵介になる日

2019/04/24 17:00

AAAオフィシャルサイトより

 酒に酔って面識のない20代女性に暴行を働いた男女6人組グループ・AAAのリーダー浦田直也容疑者が無期限謹慎処分となった。所属する「エイベックス・マネジメント」が22日、公式ホームページで発表した。

 同社は「被害者の方に多大なるご迷惑をおかけしましたことを改めて深くおわび申し上げます。また、関係者へも多大なるご迷惑をおかけしましたことを重ねて深くおわび申し上げます」と謝罪。併せて浦田のソロ10周年記念イベント、28日にCS放送「フジテレビTWO」などで放送予定だった特別番組の中止も発表された。

 浦田は19日午前5時ごろ、東京都中央区のコンビニ店内で、20代女性のほおを1回平手打ちにした疑いで、警視庁月島署に暴行容疑で逮捕され、21日に釈放された。逃げる被害女性を追いかけ、エレベーター内で蹴りを見舞ったとの情報もある。浦田はその後、都内で会見を開き、活動自粛を明らかにしていたが、時期に関しては未定だった。この「無期限謹慎」は“復帰ありき”なのか?

 音楽関係者によると「『酒に酔って覚えていない』を21連発した謝罪会見の評判が芳しくない。答えに窮して笑みを浮かべる場面もあり、およそ反省しているとは思えなかった。AAAのファン層は被害女性と同じ20代が中心。ハレーションが今後も広がるようであれば、グループ脱退もありえる」という。

 似たようなケースで思い起こされるのは、2年前に当時17歳の女性に飲酒を勧め、不適切な関係を結んだとして大騒動となった俳優・小出恵介だ。所属事務所の「アミューズ」は小出を無期限活動休止に処したが、一度も復帰させることなく、昨年6月4日に専属契約を解除。「いずれ復帰するだろう」と考えていたマスコミ関係者も驚きだった。

 背景にあるのは、単なる芸能スキャンダルではなく、れっきとした事件であったこと。小出は2017年9月に大阪府青少年健全育成条例違反で書類送検されている。

「アミューズは東証一部上場企業。コンプライアンス遵守に加え、株主の顔色もうかがわなければいけない。イメージ回復の難しい小出を置いておくより、“放流”するのが得策と判断したのだろう」(音楽関係者)

 浦田の所属するエイベックスも東証一部上場企業。事件を受け、22日の株式市場で同社の株価は5.7%安の1,341円まで一時売られた。スポーツ紙記者は「浦田も同様の理由から“小出パターン”になる可能性は十分にある。本人も『いずれ復帰できる』と考えているようなら、改めた方がいい」と指摘する。

 取り返しのつかない過ちを犯してしまったようだ。

最終更新:2019/04/24 17:00

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む