日刊サイゾー トップ > 芸能  > 有村藍里、グラビア拒否の意外な理由

有村藍里が整形後に殺到するグラビア依頼を拒否する“意外な理由”って!?

有村藍里が整形後に殺到するグラビア依頼を拒否する意外な理由って!?の画像1
有村藍里 公式Twitter(@arimuraairi)より

 有村架純の姉でタレントの有村藍里が3月に整形手術を公表。彼女が手術に臨む様子を放送したドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)は今年度の同番組最高となる視聴率8.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録、藍里のインスタのフォロワー数は一気に6万人近く増えるなど、大きな話題となっていた。

 当然、テレビ、出版界からのオファーが殺到したようだが、4月28日付『東スポWEB』によれば、藍里の対応が業界に波紋を広げているという。

「整形を公表したことで藍里をバラエティー番組などで見かける機会が増えました。しかし記事によれば、整形公表からわずか1カ月もたたないうちから、藍里側は『もう整形について語りたくない』と言い出し、仕事を選び出すようになった。整形前まではほぼ仕事がなかったようなタレントでしたから、業界からは“テングになった”との声が聞かれているといいます」(芸能ライター)

 藍里としては、「整形」ではなく、タレントや女優として認められたいという思いもあるのだろうが、確かに切り替えが早すぎる気もする。

 一方、以前よりも美人度がアップしたことで出版界からはグラビアの依頼が殺到。しかし、こちらはまた別の理由で難色を示している可能性があるという。

「藍里はもともとグラビアアイドルとして活動しており、過去にはセミヌードやお尻丸出しショットも披露しています。しかし、巨乳でもなくプロポーションは平凡で、グラドルとしての武器は『架純の姉』という肩書だけだったのが実情。今回の整形で顔が妹にそっくりになったとの声が聞かれますが、グラビア編集者としては藍里のセクシーショットを撮ることによって、読者に架純のビキニ姿やヌード姿を妄想させるための“代用”にしたいという思惑があるはず。藍里もそれを薄々気づいているため、オファーを断っているのでしょう」(出版関係者)

 整形したことで本人のコンプレックスは解消されたようだが、それによって仕事の幅は狭められてしまうかもしれない。

最終更新:2019/05/07 23:00
こんな記事も読まれています

有村藍里が整形後に殺到するグラビア依頼を拒否する“意外な理由”って!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

瓜田純士が逃走犯をプロファイリング

 大阪府警富田林署の面会室から脱走した樋田淳也容疑者(30)が、1週間以上たった現在も...
写真