日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 韓国珍スポ探訪記  > 【珍スポ】高麗人参尽くし!
訪問ライター・清水2000の「韓国珍スポ探訪記」VOL.30

ミス高麗人参から顔ハメまで……高麗人参だけでどこまでやるの?「錦山人参館」

文=清水2000

瓶詰された立派な高麗人参たちが鎮座

切断される高麗人参に感情移入してしまうほど、展示のクオリティは高い

 2階に上がるとそこには表彰台があり、瓶詰された立派な高麗人参たちが鎮座していた。それぞれ「錦山人参王」「ミスター人参王」「ミス人参王」「人参大王」「特異模型人参王」というタイトルが掲げられている。

 セクシーボディのミス高麗人参を前に想像力の高みを目指した私は、続いて隣のコーナー「人参科学館」へ。

ミス人参王。うーん、セクシー
続いて科学館へ。模型がいちいちリアルでグッとくる

 人参科学館は、高麗人参の成分や効能などを科学的に紹介。中でもぶっ飛んでいたのは、「生活の中の高麗人参(Ginseng in the life)」という展示だ。

 そこはマンションのモデルルームのようにリビング、ダイニングキッチン、寝室、シャワー室が用意されているのだが、栄養剤、お菓子、化粧品、シャンプーなど、これでもかというほどの高麗人参商品があらゆる場所に設置されているのだ。これが町民の日常なのか?

液晶テレビの左右に鎮座する高麗人参タワー

 特にヤバいのは寝室だ。ナイトテーブルには高麗人参ドリンクが置かれ、そして布団の柄は高麗人参キャラクターが……。こんなのどこで手に入るの?

123
関連キーワード

ミス高麗人参から顔ハメまで……高麗人参だけでどこまでやるの?「錦山人参館」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

Kダブが「トランプを支持するワケ」

 11月3日に控えた米大統領選において、現大統領であるドナルド・トランプ(共和党)と...
写真