日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 韓国珍スポ探訪記  > デカすぎ!「愛の南京錠」
傍観ライター・清水2000の「韓国珍スポ探訪記」VOL.27

なぜそれを大きくする必要があるのか?「愛の南京錠」

でかいよ

 観光地のフェンスや橋などに、南京錠が鈴なりに掛かっているのを見たことはあるだろうか。恋人たちが永遠の愛を誓って鍵をかける「愛の南京錠」は、ウィキペディアによればヨーロッパでは2000年代初頭に始まり、パリのセーヌ川がその代表格。

 こうしたスポットは世界各地にあり、日本でも愛知県の野間埼灯台や神戸市のビーナスブリッジが名所と知られている。一方で、景観や安全性の問題から、撤去を進めるところも少なくないとか。

 こちら韓国では、2000年代後半にNソウルタワーが愛の南京錠のメッカとなり、その人気にあやかって各種観光地に南京錠をかけるスポットが乱立。さらには駅の待合所や高速道路のサービスエリアにまで、愛の南京錠が侵食する始末となっている。

Nソウルタワーにおける、愛の南京錠をかけるスペース。その増殖はとどまることを知らない
とあるサービスエリアに設置してあった愛の南京錠スペース。ここで愛を誓わなくても……

 

 そんな愛の南京錠大国・韓国において、常軌を逸した南京錠スポットに出会ってしまった。場所は以前「ラブキャッスル」(参照記事)を取材した慶州(キョンジュ)市だ。筆者は韓国にごまんとあるタワーを探訪する本を韓国で出版しており、今回は最近できたばかりのタワー「柱状節理展望台」をチェックしに訪れたのだが、そこの周辺地図に書いてあった「愛の南京錠」スポットが、おかしなことになっているのだ。

123
関連キーワード

なぜそれを大きくする必要があるのか?「愛の南京錠」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

ナイツが語るYMOと“テクノ漫才”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

ANARCHYが映画で望んだ表現

――ANARCHYがメガホンを執ったことで話題となった映画『WALKING MAN』。彼...
写真