日刊サイゾー トップ > 芸能  > まだいた! “お水経験”女子アナ

まだいた! “お水経験”ひた隠す女子アナたち

まだいた! お水経験ひた隠す女子アナたちの画像1
※イメージ画像

 美貌と知性を兼ね備えた女性は、やはりそれらを武器に金を稼ぐようだ。某民放キー局の女子アナが入社前に“お水経験”したことを隠蔽しているというのだ。

 過去に同様のことで話題になったのは日本テレビアナウンサーの笹崎里菜。2014年春に過去、親族の知人が営む飲食店にホステスとしてアルバイトした経験を同局に報告したところ、清廉性が保てないことを理由に内定取り消しに発展。その後、笹崎アナ側が東京地裁に提訴、最終的には和解し入社したことは記憶に新しい。だが、芸能マスコミが欲しがるこの手のネタは、まだ眠っていた。

「在京民放キー局の現役女子アナのなかで、まだバレていない者がいる可能性が高い。それは、まだ若手のXアナです。学生時代には芸能活動も経験しており、そのルックスは折り紙つき。現在は情報番組などにも出演しています」(芸能関係者)

 さらに「聞いて驚いたのは、笹崎アナと同じ飲食店で働いていたということでウワサが出回っている。仮にも本当だとしたら、これは大きな話題を呼びますよ」(同)と話す。

 長年にわたり不況が続く中、女子アナの卵といえど危ない橋を渡れば、後からいらぬ腹を探られるだけ。くれぐれもご用心を。

最終更新:2019/05/12 06:00
こんな記事も読まれています

まだいた! “お水経験”ひた隠す女子アナたちのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

嵐・二宮結婚に、他メンバーも続く!?

活動休止を待たず、結婚を発表した二宮。気になる他メンバーの動向は?
写真
人気連載

中東紛争を題材にした傑作映画

 笑ってはいけないシチュエーションほど、...…
写真
インタビュー

『解放区』は何が問題だった?

 令和元年を象徴する、火傷しそうなほどに熱いインディーズ映画『解放区』が現在公開中だ...
写真