日刊サイゾー トップ > 芸能  > 宇垣美里に「脚短い」とブーイング!

宇垣美里、フォトエッセイ重版記念で美脚カットを公開も「短い」とブーイングの嵐!

宇垣美里公式ホームページより

 元TBSアナウンサーで、現在はフリーアナウンサーとして活動している宇垣美里。先月発売したファーストフォトエッセイ『風を食べる』(集英社)の重版が決定し、その記念として5月20日発売の「週刊プレイボーイ」(同)内で美脚カットを公開したのだが、それが物議を醸している。

 問題となっているカットは、白いニットワンピースを着用し、イスに座りながら素足を大胆に見せつけているもの。ミニ丈のため、太ももからあらわとなっている色っぽいカットということで、ファンからは絶賛の声が。しかしその一方で、ネット上では「脚が短い……」「これなら私の方が!」「これのどこがキレイ?」などとブーイングの嵐が巻き起こっている。

「TBSアナ新人時代から”脚が短い”との指摘が多くあり、スタイルが悪いといわれていましたからね。“美脚”というにはちょっと無理があるのでは?」(芸能記者)

 最近は女性ファッション誌にも頻繁に登場。「anan」(マガジンハウス)では美尻カットを見せるなど、いろいろと挑戦しているようだが……。

「『anan』でもやはり『脚が短い』との指摘が多く上がり、『ファッション誌には向かないタイプ』だとの声もありました。実際、続々と有名ファッション誌に登場していますが、よく見ると、どれもメイクページでの起用。女性ファッション誌業界では『顔はいいけど、スタイル悪すぎてファッションページでは使えない』との話も聞きますよ」(女性誌ライター)

 同じTBS出身でフリーアナの先輩である田中みな実も、ファッション誌や美容誌などに登場。過激なカットに批判が集まるなど物議を醸すことが多々あるが、先の女性誌ライターによると「田中さんのほうがスタイルはいいし、なによりストイックさが違うので需要があるでしょう」とのこと。

 宇垣アナには、コスプレぐらいしか生き残る道はないかもしれない!?

最終更新:2019/05/22 09:33
こんな記事も読まれています

宇垣美里、フォトエッセイ重版記念で美脚カットを公開も「短い」とブーイングの嵐!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

『シンゴジ』以降の主流なき邦画界

 興収83億円を記録した『シン・ゴジラ』(16)を最後に、日本の実写映画から50億円...
写真