日刊サイゾー トップ > 芸能  > 山口達也、性格俳優の道へ?

元TOKIO・山口達也が“テレンス・リー化”……復帰ロードは性格俳優の道へ?

文=平田宏利

元TOKIO・山口達也がテレンス・リー化……復帰ロードは性格俳優の道へ?の画像1
山口達也

 元TOKIO・山口達也の近況が話題だ。「女性セブン」(小学館)および同誌のウェブサイト「NEWSポストセブン」が報じたもので、坊主頭にヒゲをたくわえサングラス姿の山口の姿も報じられている。傍目には山口とわからないもので、これは自ら望んで容姿を変えたものといわれる。

 これを受けネット上では「テレンス・リーみたい」といったツッコミが殺到している。テレンス・リーといえば、元傭兵を自称するうさんくささがウリのキャラクターである。仮にもアイドルであった山口の姿としては似つかわしくないだろう。だが、一方では「オラオラ系」姿が意外と似合っており、ネット上では「Vシネとかいけんじゃね?」「ヤクザ役とか似合いそう」といった声が聞かれる。

「山口は未成年女性に対する強制わいせつ事件を受けて、現在は病気療養を続けているといわれています。ただ、犯罪の内容が内容だけに、アイドル歌手として以前のように復帰するのは難しいのではないでしょうか。その場合は、ネットの指摘にあるように俳優業、さらには猟奇的な悪役などを含めた性格俳優を目指すのもひとつの道といえるかもしれません」(芸能関係者)

 その場合、やはりメジャーな映画業界よりは、Vシネマ業界というのが妥当かもしれない。

「元タレントの田代まさしは覚せい剤で一度目の逮捕後、執行猶予付き判決を受けたあとはVシネマ監督として復帰していますし、昨年派遣マッサージ店の女性に対して性的暴行を働いた俳優の新井浩文にもVシネ業界は熱視線を送っているといわれています。前歴がそれほど問われずチャンスの場数が多い業界ですから、そこで結果を残すといった道もあるでしょう。山口は19歳で出演した『同窓会』(日本テレビ系)では、売り専として働くバイセクシャルの男性を好演しています。アクの強い役どころもこなせる存在といえますから、俳優業に活路を見出しても良さそうですね」(同)

 ベッキーの不倫騒動のケースを見てもわかる通り、一度しくじった人間に世間の目は厳しい。山口の復帰プランもスムーズにはいかなさそうだけに、変化球をともなった行動も必要だろう。
(文=平田宏利)

最終更新:2019/05/26 14:00

元TOKIO・山口達也が“テレンス・リー化”……復帰ロードは性格俳優の道へ?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

「セカンドの7番」論と“ダウンタウン病”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

9太郎が提唱! アイドル炎上回避ガイド

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、「自粛」の名の下にエンタメ界ではコンサートやイベ...
写真