日刊サイゾー トップ > 芸能  > 山口達也“髭坊主化”の衝撃

元TOKIO・山口達也“髭坊主おじさん化”の衝撃! 復帰は東京五輪終了後か

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

山口達也

 元TOKIOの山口達也の近影が16日発売の「女性セブン」(小学館)に掲載され、その変貌ぶりにファンが悲鳴を上げている。

 昨年2月、自身が司会を務めるNHK Eテレ『Rの法則』で知り合った女子高生への強制わいせつ事件を起こし、これが明るみに出た同年4月にジャニーズ事務所から契約解除となった山口。騒動当時、アルコール依存症の治療に専念すると報じられていたが、「女性セブン」によれば、山口の本当の病名は躁うつ病。同誌には、パーカー姿でリハビリのためにウォーキングや自転車のトレーニングに励む山口の姿が複数掲載されている。

「事件前は、テレビでキラキラとしたジャニーズスマイルを見せていた山口ですが、今月撮られたとされる山口の写真は、坊主頭にサングラス、さらに無精ひげを生やし、もはや別人。同誌には、ウォーキング中にゴミだらけの道端に座り込む姿も掲載されており、ファンに衝撃を与えています」(芸能記者)

 元ジャニタレの路上への座り込みといえば、おととしの「フライデー」(講談社)に掲載された元SMAP・草なぎ剛の奇行報道を思い起こさせるが、現在ネット上では「山口くんじゃなくなってる」「え、誰これ」「こんなコワモテの人がいたら、道譲るわ」といった驚きの声が相次いでいる。

「ネット上では、『もう一般人なんだから、報道しないで』という意見も目立ちますが、ジャニーズからクビになっただけで引退はしていない。それどころか、ジャニーズは『サポート』と称した一定の給料を山口に支払っていると見られ、その額は月100万円程ともささやかれている。TOKIOの4人がフラックツアーのスペシャルアンバサダーを務める東京五輪が終了後、芸能界に復帰するつもりでは?」(同)

 書類送検後の謝罪会見でも、「またTOKIOとしてやっていけたら」と未練を滲ませていた山口。いつかまた、弾けるような笑顔を見せてくれるかもしれない。

最終更新:2019/05/16 16:30

元TOKIO・山口達也“髭坊主おじさん化”の衝撃! 復帰は東京五輪終了後かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』レビュー

 超常現象の研究家として知られた米国人夫婦ロ...…
写真
インタビュー

失われた11年にけりを付けるYOU THE ROCK★

 1990年前後、まだ日本にヒップホップが根付く以前から、その最前線で活動していたラ...
写真