TBS『NEWS23』起用の小川彩佳アナ、ギャラは破格の1億円? 結果出なければ即クビも……

2019/05/27 22:30

小川彩佳 オフィシャルブログより

 4月上旬にテレビ朝日を退社して、6月3日より、TBS系『NEWS23』のメインキャスターに起用される小川彩佳アナの肩には、大きな重圧がのしかかることになりそうだ。

 一部報道では、小川アナの出演料は週200万円とされる。日本テレビ系『news zero』の有働有美子アナほどではないにせよ、新人フリーアナの報酬としては、かなりの高額。夏と年末年始に2週休みを取得するとして、年間の出演料は1億円に上る。局アナ時代には、とても考えられない収入が見込めることになる。

 TBSが小川アナに白羽の矢を立てたのは、同番組の“硬派路線”を踏襲できる人物であること。そして、課せられた最大の責務は“視聴率アップ”だ。

 民放の夜の報道番組の中で、視聴率トップを走るのは、小川アナが昨年9月まで出演していたテレビ朝日系『報道ステーション』で着実に2ケタをキープしている。それに続くのが『zero』で、『NEWS23』は3番手に低迷。しかも、現在は5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)にすら届いておらず、TBSの狙いは小川アナの人気でなんとか視聴率アップを図ろうというもの。それだけに、TBSの小川アナへの期待感は高いが、結果が出なければ、即切られてしまう可能性もありそう。

「報道キャスターとして、小川アナの人気は高いですし、『報ステ』を降板して、地上波では8か月間ブランクができたことで、ファンの期待感は膨らんでいるようです。ただ、帯番組の視聴習慣はそう簡単には変えられないものです。今まで『報ステ』や『zero』を見ていた人を、『NEWS23』に乗り換えさせるのは大変な作業です。話題性で、最初は数字を取れるかもしれませんが、その後は当分苦戦するんじゃないかと思いますね。視聴率的には、長い目で見ていく必要があるでしょう」(テレビ関係者)

 では、TBSの思惑通りの視聴率が稼げなければ、小川アナの立場はどうなるのだろうか?

「現在キャスターを務めている雨宮塔子アナは、過去にTBSに貢献したOGで、わざわざフランスから呼び寄せました。しかし、彼女で数字を上げることはできず、5月いっぱいという中途半端な時期で切られてしまいます。局アナなら出演料はいりませんが、TBSとて、小川アナに高額な報酬を支払う以上、結果を出してもらわなければ社内的にも示しがつきません。ましてや、彼女は外様ですから、温情もかけないでしょう。視聴率を上げられなければ、来春の改編期でクビという可能性だってあるかもしれません」(同)

『NEWS23』のメインキャスター就任で、破格の出演料を手にする小川アナだが、その代償として、視聴率アップという大きなプレッシャーと戦わなければならないようだ。
(文=田中七男)

最終更新:2019/05/27 22:30

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む