10月にキンプリと交代? 手越が『イッテQ!』を降りたいワケ

2019/05/29 22:30

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo
NEWS・手越祐也

 5月26日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の平均視聴率が18.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。3月3日の18.8%以来、今年6回目の18%超えとなった。

 今回は女優の木村佳乃が1年ぶりに出演するとあって、放送前から注目を浴びていたという。

「木村は『芸人殺し』の異名のとおり、『高速鼻うがい』や『牛尿』に挑み、視聴者をひきつけました。実際、数字は前週より大きく上がりはしたものの、裏番組のライバル『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)の平均視聴率19.0%にはわずかに及ばず、5月は『イッテQ』の全敗でした」(テレビ誌ライター)

 高い数字で一進一退の攻防を見せていた両番組の対決も、徐々に『イッテQ』の劣勢の様相を呈してきていることから、番組スタッフも大幅なテコ入れを検討し始めているという。

「10月にリニューアルすることが確定しています。そこで、何かとスキャンダルのイメージが強いNEWS・手越祐也を降板させ、代わりのジャニーズ枠で『King & Prince』のメンバーを投入するようです。一方、手越のほうも番組を以前から番組を降りたがっていたという話も。というのも、彼は現在、eスポーツにハマっており、事務所に無断でプロチームに所属してしまったほど。本気でこの世界で生きていくつもりのようで、グループ脱退も視野に入れているといいます。SMAPを辞めてオートレーサーになった森且行のようになる可能性もありますよ」(テレビ関係者)

『イッテQ』のリニューアルがNEWSの解散にまで発展するのだろうか。

最終更新:2019/05/30 09:44

人気記事ランキング

続きを読む