日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 木村拓哉の新ドラマ、鈴木京香に懸念

天才シェフ演じる木村拓哉の新ドラマ “熟女”鈴木京香がヒロインで大丈夫?

天才シェフ演じる木村拓哉の新ドラマ 熟女鈴木京香がヒロインで大丈夫?の画像1
鈴木京香オフィシャルサイトより

 木村拓哉が主演する新ドラマが10月期にTBS日曜劇場枠(タイトルは未定)で放送されることがわかった。木村の連ドラ主演は、昨年1月期『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)以来、1年9カ月ぶりとなる。

 今作で木村が演じるのはフランス料理の天才シェフ役。慢心からすべてを失ったカリスマシェフが、世界最高の三つ星レストランを目指し、再び立ち上がるストーリー。

 脚本は『ようこそ、わが家へ』『僕のヤバイ妻』『貴族探偵』『モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―』(いずれもフジテレビ系)、『メゾン・ド・ポリス』(TBS系)などを手掛けた黒岩勉氏が担当する。

 そこで気になるのがヒロイン問題だ。木村は何かと注文が多く、撮影は木村のスケジュールに合わせなければならない。ましてや木村の主演ドラマは“高視聴率”を義務づけられるとあって、ヒロインのなり手がなかなか見つからないのが、ここ最近の実状。しかし、今回は意外にも早々に鈴木京香に決定した。鈴木は主人公に再起させるきっかけを与え、一緒にレストランを立ち上げて、三つ星レストランを目指していく女性シェフの役柄だ。

「やはりドラマでヒロインの存在は大事で、視聴率にも影響してきます。『BG』では、菜々緖がヒロイン的な役回りで出演し、それなりの貢献を果たしました。ですが、鈴木は木村より年上で51歳の純然たる熟女。木村の相手役としては、いささか高齢のような懸念もあります。中高年層にはいいかもしれませんが、彼女がヒロインで若年層を引きつけるのは難しい気がします。従って、ワキにそれなりに若い人気女優をキャスティングしないと、数字を取るのに苦労するかもしれませんね」(テレビ誌関係者)

 かつては“平成の視聴率王”として君臨し、ほとんどの主演ドラマで20%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)超えを果たしてきた木村だが、加齢とともに、もはや過去の勢いはない。それでも、ここ3作の視聴率は『アイムホーム』(テレビ朝日系、2015年4月期)が平均14.8%、『A LIFE~愛しき人~』(TBS系、17年1月期)が14.6%、『BG』が15.2%と、なんとか15%前後をキープしている。

 今作も、15%が目標値になりそうだが、“熟女ヒロイン”で、その域に達するのかとなると不安がいっぱい。木村をサポートする、そのほかの主要キャストがどのようなメンバーになるのか、注目されるところだ。
(文=田中七男)

最終更新:2019/06/03 06:00
こんな記事も読まれています

天才シェフ演じる木村拓哉の新ドラマ “熟女”鈴木京香がヒロインで大丈夫?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

横浜銀蝿・翔が語る、バンド誕生秘話

 1980年、リーゼントにドカンという不良まんまの姿でブラウン管に登場し、世の大人たち...
写真