フジテレビ、RIZIN生中継で犯した大失態に「二度と中継するな」「格闘技舐めてる」のクレーム続出

2019/06/04 17:58

 視聴者はフジテレビに“格闘技への愛”がないことを確信したようだ。6月2日にフジテレビで生中継された格闘技イベント『RIZIN.16』のメインカード「那須川天心-マーティン・ブランコ戦」にて、那須川が1回目のダウンを奪った決定的な場面にCMが入るという「格闘技中継史上最悪」の放送事故が起きた。

 試合中、ブランコが右目から出血しドクターチェックで試合が中断した際、フジは約1分間のCMを挿入。しかしそのCM中に試合は再開しており、中継に切り替わった時にはすでに那須川選手が2回目のダウンを奪った瞬間だった。

 そのためネット上では、「格闘技舐めてんのか⁉フジテレビは謝罪しろ‼」「フジテレビの采配ミス。そこでCMを入れてしまうセンス…」「これ天心陣営に謝罪ものやぞ」「あそこでCM入れた奴、終わってる。生中継の意味無くね?」「スポンサーに悪いイメージを与えたよ!」と批判が飛び交い、局への苦情も殺到する事態に。

 そんなフジの「RIZIN」は、過去にも視聴者から猛批判を浴びたことがあったという。

「昨年も『煽りVTR』中にワイプを出して、ケンドーコバヤシや勝俣州和、長嶋一茂にベラベラとしゃべらせる意味不明の演出を展開。そのため音声がかぶり、ナレーションや選手の声が聞こえないという状況が最後の試合まで続いたため、ネット上で『芸人の声がうるさすぎる!』『史上最低の演出』といった辛辣な意見が連打されました。また、15年に放送された才賀紀左衛門選手の試合でも、妻のあびる優がひたすら絶叫する姿を映し、『うるさすぎる』と批判が殺到したことも。こうしたこともあり、格闘技ファンの間ではフジの中継に不信感を抱く人が多かったのですが、今回でまたぞろフジ離れが加速しそうです」(スポーツ紙記者)

 もし今後、『RIZIN』人気が下火になるようなことがあれば、フジの罪は大きいと言わざるを得ないだろう。

最終更新:2019/06/04 17:58

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む