誘拐した児童に性的虐待……

ダークウェブの児ポ組織から50人が救出されるも、いまだ100人以上が監禁中か

2019/06/06 18:00

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo
1歳3カ月の幼児にも性的暴行を加えていたというトクプッツァ。鬼畜中の鬼畜だ。

 

 フランス・リヨンに本部を置く国際刑事警察機構(ICPO、インターポール)が5月末、小児性愛者の国際的なオンラインネットワークをめぐり、タイ、オーストラリア、アメリカで合わせて9人を逮捕し、性的虐待を受けていた少年少女50人を救出したと発表した。

 ICPOは2年前、利用者の追跡が難しいダークウェブ上で13歳未満の男児11人が虐待を受けている様子が写った画像を発見。そこから世界各国に合計約6万3,000人のユーザーを抱える小児性愛者のコミュニティサイトにたどり着き、捜査を開始した。このサイトでは、毎週新たな画像などをアップされ、小児性愛者の情報交換の場となっていたが、子どもの顔にモザイクがかけられていることが多く、身元の特定を難しくしていたという。ICPOは米国土安全保障省(DHS)と共に、各政府機関からの助力を得て、同サイトのIPアドレスを突き止め、メイン管理者など9人を逮捕した。

 彼らは主にタイとオーストラリアで児童を誘拐し、彼らに性的虐待を加える様子を撮影、同サイトにアップしていたようだ。

 メイン管理者であるモントリ・サランガムは昨年、タイで身柄を拘束され、児童強姦、人身売買、児童性的虐待に使う道具の所持と販売などの罪で懲役146年の判決を受けている。被害者の中には、この男の甥も含まれていたという。

 また、別の管理者・トクプッツァはオーストラリアで逮捕され、6年の間に少なくとも13人の児童(うち最年少は1歳3カ月)に性的暴行を加えた罪で懲役40年の判決を受けている。

 今回の作戦では50人の児童が救出されたものの、まだ100人以上が組織に拘束されたままとの情報もあり、不明児童の身元の特定作業を進めているという。

 引き続き今後の捜査により、国際的な児童売春組織の壊滅につながることが期待される。

最終更新:2019/06/06 18:00

人気記事ランキング

続きを読む