日刊サイゾー トップ > 芸能  > ホラン千秋、レギュラー8本のワケ

ホラン千秋の業界評がうなぎのぼり! レギュラー8本のワケとは?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

ホラン千秋の業界評がうなぎのぼり! レギュラー8本のワケとは?の画像1
ホラン千秋(アミューズ オフィシャル ウェブサイトより)

 タレントのホラン千秋の業界評がうなぎのぼりとなっている。夕方のニュース番組『Nスタ』(TBS系)に帯でMCで出演するほか『バイキング』(フジテレビ系)など8本のレギュラー番組を持ち、テレビで見ない日はないとも言われている。去年は出演本数ランキングの女性タレント部門で3位に輝いたが、今年は早くも1位になると業界内では予想されている。

 そんなホランに、芸能関係者は「何事もそつなくこなすところが評価されています。際だったインパクトのあるコメントをするわけではないのですが、間違えることがないのでテレビマンたちの信頼は厚いですよ。現場でも礼儀正しく、スタッフ一人一人に挨拶してスタジオ入りします。幼少期からキッズモデルとして大手芸能事務所に所属していたということで小さい頃から、慣習やしきたりを学び教育されていることも一因でしょう」と語る。

 売れに売れまくっているホランだが、5月に発売された週刊誌「FRIDAY」(講談社)では女性フリーアナウンサーの中で年収が断トツトップだと報じられた。

「帯番組を含めホランのテレビ番組のギャラは1本あたり35~50万円。CM出演のギャラは1,200~1,600万円ほどです。これを出演番組数や出演CM本数と掛け合わせ年収に換算すると軽く2億を超える計算になります。収入では加藤綾子や、田中みな実、有働由美子をはるかにしのぐ金額です。ただそれだけの収入があるにもかかわらず、セレブ感を出さず、洋服や小物まであまりブランド物を持たないことでも有名。そういったこともあって周囲のスタッフからは非常に好感を持たれていますよ」(同)

 仕事を奪い合う女性フリーアナウンサー界でトップに立つホラン。この勢いはいつまで続くのか。

最終更新:2019/06/05 19:00

ホラン千秋の業界評がうなぎのぼり! レギュラー8本のワケとは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

今日はお笑いの日!

お笑いコラムを一挙放出!
写真
人気連載

和田アキ子『わだ家』閉店

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、4月1...…
写真
インタビュー

瓜田純士、実父への想いを歌う

「親父、調子はどうだ?」――ユーチューバーとして、そしてミュージシャンとして精力的...
写真