日刊サイゾー トップ > 芸能  > 蒼井優と山里がアンジュルム婚

“ガチドルヲタ”蒼井優と山里亮太の「アンジュルム婚」にハロヲタが期待!

蒼井優

 女優・蒼井優と南海キャンディーズ・山里亮太の電撃結婚に対し、ハロー!プロジェクト所属の女性12人アイドルグループ・アンジュルムのファンが期待感をにじませている。

 一部スポーツ紙によれば、恋のキューピッドは蒼井の親友だという山里の相方・山崎静代で、2人は1年以上前から食事をする仲に。交際期間はわずか2カ月で、婚姻届は3日に代理人が提出したという。

 蒼井と山崎が大ヒット映画『フラガール』(2016)で共演していたことから、映画がつないだ「フラガール婚」などと報じられているが、それ以上に2人を強く引き合わせたのはアンジュルムの存在と見られている。

「蒼井は、数年前からメディアで頻繁に“アンジュルム愛”を語っているほか、コンサート会場でメンバーを見て感涙したりと、ガチのドルヲタとして有名。先月には、女優の菊池亜希子と共に、アンジュルム初のアーティストブックの編集長を務めています。蒼井が昨年まで交際していたシンガーソングライターの石崎ひゅーいはアイドルに興味があるとも思えませんし、趣味の話を嫌な顔せず聞いてくれる山里が新鮮だったのかもしれませんね」(芸能記者)

 山里は5月13日、自身のインスタグラムに「酒の肴にアンジュルム…いくらなんでもカッコよすぎる…」とアンジュルムのライブ映像が映ったテレビ画面を投稿。さらに、Twitterでも「アンジュルム…とんでもないグループが…とにかく面白い、地球上最可憐の河童に翻弄されたり、最強の丸のマシンガントーク、私も引きずりこまれたあの恐ろしい遊び、それを全力でやるメンバー、ハロプロ語100段の師匠…そして、それをひたすら微笑んで見守る和田さん。いやぁ、いいものを見た!」とツイート。このとき、ネット上では「やっとハロを真剣に見る気になったか」「山ちゃんが今さらアンジュに感動してる」とハロヲタがザワついていたが、当時、恋人関係にあった蒼井の影響なのは明らかだ。

「山里さんは以前、裏で『ハロプロはそんなに……』と言っていて興味がなさそうだったので、アンジュルムにはまったようなツイートをしていて驚きました。ハロプロのようなプロ集団よりも、スタダ系のような素人臭の残る子どもっぽいアイドルが好きらしく、最近はももクロの後輩のチームしゃちほこに入れ込んでいましたよ」(お笑い関係者)

12
こんな記事も読まれています

“ガチドルヲタ”蒼井優と山里亮太の「アンジュルム婚」にハロヲタが期待!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

岡村がビビる松本をイジる若手

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

2019年注目すべきメジャー洋画!!

 あけましておめでとうございます。お正月休みには、たっぷり映画を楽しみたいという方が...
写真